ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

B.A.S.S.セントラルオープン最終戦は8位でフィニッシュ!

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!

B.A.S.S.セントラルオープン最終戦は、テキサス州のレイクルイスビルでキックオフ。

ここ、レイクルイスビルは拠点にしてる場所からも近く、過去に2回試合経験がある場所。

過去の2試合は2月に行なっているため、今回とは全く違う季節ではあったが、11月と言う事もあり、フロリダバスが多く生息するここテキサス州ではスポーニングを意識した個体が出始める事は多くのアングラーが狙うと分かっている部分。

 

ただし、究極に狭いパターンてはあるが、ハマると一気にウエイトが出せるのもまたいいところ。

プラクティスでは、まさにそれがハマっていて、スポーニング手前のオフショアに位置するブレイク絡みの岩だったり、ボートドックで釣れたりしていました。

 

試合初日、まずはオフショアに位置するブレイク絡みの岩に入りたかったが、まさかのバッティングで先行者がいて、一声「一緒にシェアさせて!」とご挨拶に「ダメだ‼️」と一蹴(笑)。

マジかぁ~と、しょうがないからサブのオフショアを回るも、3尾小さいのが釣れて、ビッグバイトはなく、初日62位からのスタート。

2日目はオフショアを捨て、朝からシャローのスポーニングエリア手前のハードボトムをマクベス、コマック、E1、ダイビングE2、またボートドックではワイドルモア、シャッドラップを巻き倒して5バイト5フィッシュ、15lbオーバーで一気に11位に入り込んで、3日目の決勝に進めました。


まぁ~後はやり切るのみで、3日目もマクベスを巻き倒したりして総合は8位でフィニッシュ。

今年は後厄もあってか?ホントにボロボロな年で、コロナで始まりキャンセルやリスケジュールでバタバタして、試合もこの10年でこんな悪い年はないっていうぐらい最悪まっしぐらでしたが、長いトンネルから少しだけ踏み出せたのかなと思い、次戦の会場のアラバマ州はレイレイクへ向かいました。

アラバマ州レイレイクは初めての場所ですが、プラクティスは好調!

ワイドルモアやポーのセダー300、スピナーベイトに反応がいいから楽しみです。
ではまた!