ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

MEIHO第一回システム収納コンテストの入賞者の技あり収納【BM-5000編】

2020年6月10日から8月10日までの期間、MEIHOさんの公式インスタグラムで開催されていた「第一回システム収納コンテスト」。

MEIHO公式インスタグラムをフォローして、「#第一回システム収納コンテスト」とハッシュタグを付けて、システム収納自慢をするコンテストで、入賞者には限定カラーのボックスや、未発売カラーのロッドスタンドなどが当たるイベントで、当サイトでも3位入賞者と、2位入賞者のご紹介をさせていただきました。

MEIHO第一回システム収納コンテストの入賞者の技あり収納【VS-7070編】

MEIHO第一回システム収納コンテストの入賞者の技あり収納【VS-7055編】

今回は、栄えある第1位の技あり収納をご紹介しましょう!

tadamasanii さんのシステム収納です。

バケットマウスBM-5000を使用して、たくさんのオプションパーツを装着されています。

このボックスはオフショア専用のボックスとのことで、スーパーライトジギング、ライトジギング、タイラバのすべてを収納されているとのこと。

そんな多ジャンルのアイテムがこれ1つに?

無駄なくコンパクトにまとめられていて、素晴らしいですね。

隙間なしのタックルケース、とても便利な「インナーストッカーBM-S」で取り出しやすく、かつ美しく整理されています。

MEIHO公式「インナーストッカーBM-S」詳細ページはコチラ

上段はこんな感じで、小物系をイン。

右は「BM-5000」に標準装備のトレイですが、左はオプションパーツの「トレイBM-L」。

これは、現場では小物等のちょい置きスペースになり、とっても使い勝手のよいトレイ。

使用しない時はボックスにこのように入れておけるので、スッキリしますね。

MEIHO公式「BM-5000」詳細ページはコチラ

みなさんもコンテスト入賞者の収納を参考に、快適で釣果UPのシステム収納を試されてみてはいかがでしょうか!

収納ワザが満載のMEIHO公式SNSもフォローお願いします!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!