ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トップエギンガーが語る!重見典宏さん×ワイルドジャーク「筏エギングのいろは」高比重PEラインの重要性を解説

トップエギンガーの重見典宏さん。

重見 典宏(Norihiro Shigemi) プロフィール

昭和33年4月26日生 福岡生まれ鹿児島育ち、小学5年で大阪へ。 身軽なフットワークとスラックジャークや2段シャクリを武器に、日本全国のフィールドに出没し、 エギング界で最強の名を欲しいままにする最強エギンガー! また、エギングのみならず、磯、ジギング、ソルトウォーター、淡水等、全ての釣りに対応できるマルチオールラウンドアングラー。

言わずと知れたアングラーで、エギング界の重鎮的存在でありながらも、とっても茶目っ気たっぷりの明るい人柄で、幅広い層から人気のあるエギンガーの1人です。

そんな重見さんが、筏エギングに挑戦!実釣動画が公開されています。

筏(いかだ)とは、馴染みのないルアーマンもおられるかもしれませんが、波静かで穏やかな湾内などに設置された、釣り用の筏のことを指します。

水深は場所にもよりますが、足元から10m以上と深い所がメイン。

潮通しのよい場所に設置されているので、釣果実績もお墨付き。

ただ、堤防や磯とは違い、攻めドコロが変わってくるのも事実。

そんな筏を、重見さんはどう攻略するのか?

また、エギングにおいて、大切なファクターの1つであるラインについて。

この釣りでPEラインが果たす役割、重要性を改めて解説してもらいました。

そして、その重要性を理解した上で、さらに使いやすく、快適にエギを操作できる高比重PEラインで、重見さんプロデュースの「PEワイルドジャークエギ」の開発秘話や、特長も詳細に解説。

ゴーセン公式「ワイルドジャーク」詳細ページはコチラ

ぜひ、ご覧になってくださいね!

関連記事もチェック!

高比重PE「PEワイルドジャークエギ」がなぜエギングにピッタリなのか