ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【狙える魚は色々】ロックフィッシュにシーバスにキスに!水野浩聡が「GOODシリーズ」を使ってボートSWゲームを満喫!

連載:水野浩聡のOne more fish

皆さん!こんにちは。

いつもこの連載、「One more Fish」を読んでいただきありがとうございます。

今更ながらにお伝えしておきますと、この連載は僕が日々の行った先々の釣りをテーマに分かりやすく説明し、皆さんにとっての1匹に繋がるようにという思いで毎週書かせていただいてます!

ターゲット問わずシーズンに応じた旬の釣りを、これからもお届けしていきます。

これまで長いことずーっとやってきたバス釣りだけではなく、もっともっと色んなジャンルにもトライして、楽しさや自分なりの観点からお伝えしよう! というのがこの連載の目的です。

 

ボートSWゲームを満喫! 日の出まではロックフィッシュ狙い

さて! 本題に入り、先日はいつもお世話になっている方から、名古屋港に少しだけボートを浮かべて釣りをしよう! というお話をいただき、久々に海でボート釣りをしてきました。

午前4時。まだ暗い中での出船でしたが、これには船長の岡村さんの狙いがあって、夜行性のロックフィッシュ(カサゴやソイ、タケノコメバルなど)を日の出前までにたくさん釣ろうという意図。

敷石の並ぶスポットに到着し、普段岸からのエンジョイライトゲームで多用する「グッドミールヘッド」(3.5g)に「グッドミールクロー1.5in」を装着して敷石周りを攻めます。

 

グッドミールヘッド

自重 入数 価格 ジャンル 対応リール ライン号数
2g / 3.5g / 5g 4ヶ 380円[2g] / 380円[3.5g] / 400円[5g](本体価格) ジグヘッド 2000~2500番 4~8Lb

GOOD(ジャッカル)公式「グッドミールヘッド」詳細ページはこちら

 

グッドミールクロー1.5in

サイズ 入数 価格 ジャンル 対応リール ライン号数
1.5inch 7本 480円(本体価格) ワーム 2000~2500番 4~8lb

GOOD(ジャッカル)公式「グッドミールクロー1.5in」詳細ページはこちら

 

開始早々1キャスト1ヒット状態。

 

グッドミールヘッド」はジグヘッドなんですが、ガードがついているので、ストレスなく手返しよく根掛かりの多いエリアでも攻めることが可能。

岸から狙う時も同様、ボトムの敷石のゴツゴツ感を感じながらアクションさせていると連発しました。

たった1時間ほどで何本釣ったのかな? おそらく20本くらいは釣り上げたと思いますが、その中でもサイズの良い個体だけ、帰ってからの煮付け用で持ち帰ることに。

 

夜明けと共にシーバス狙いにシフト!

しかしというか、これは予想していたことなんですが夜明けとともに辺りが明るくなってくるとバイトは激減。

おまけに水位も干潮に向けて下がり出してきたので、ここからはシーバスを狙うことに。

この辺の魚の傾向は岸で釣る時と全く一緒。むしろ「そろそろ違う釣りにシフトしなさいよ‼︎」と魚が教えてくれている感じすらしますね笑。

では、いざシーバスを狙います。

シーバスは主に縦ストラクチャーやベイト周りに付いているであろう魚ですので、バス用のジャークベイトである「リレンジ130SP」や、深いレンジでも落としやすくレンジキープしやすい「TN70トリゴン」をセレクトし、速めにタダ巻きしていると引ったくるような激しいバイト。

Name Length Weight Type Hook Size Price
RERANGE 130SP 130mm 21.5g SUSPEND ショートシャンクフックRB-M#4 ¥1,950(本体価格)

ジャッカル公式「リレンジ130SP」詳細ページはこちら

 

Name Length Weight Type Hook Size Price
TN70 TRIGON 70mm 31.5g Sinking トレブル RB-Mフロント#4/リア#6 ¥1,850(本体価格)

ジャッカル公式「TN70トリゴン」詳細ページはこちら

 

このパターンで、この日は渋いながらも5-6本のシーバスをキャッチすることができましたが、船長の岡村さんはテールスピンのフォールでクロソイも複数キャッチ。

 

海釣りならではの、何が釣れるか分からないといった面白さを味わうことができましたね‼︎

バス釣りにも応用できるようなアプローチも多く、普段メインでやっている釣りに近い部分もあったので、僕自身はアドレナリン出まくりでエキサイティングな時間を過ごせました。

 

シーバスゲームの後は投げ釣りでキスが連発

そして、小1時間シーバスゲームを堪能した後は、まったりとエサを使った投げ釣りスタイル。

河川の河口部に行き、投げ釣り仕掛けにアオイソメを付けてズルズルと砂地を誘うと、キスが次から次へとバイト。

 

時には25cm近いグッドサイズなども混じってきて、こちらも2時間くらいで40匹ほど釣ることができました。

晩飯は天ぷら確定。

 

ここまでで、昼前くらいになったので撤収となりました。

ちょっとボートで沖に行っただけでしたが、違う釣り方で色んな魚に出会えて本当に楽しい時間を過ごすことができました。

今回ですが、ライトゲームのロックフィッシュとキスの投げ釣りに関しては、1本のロッドで釣りができました。

そのロッドが、「GOOD ROD GD-S62L-2PC」にフロロカーボン5Lbのタックルで、グッドミールシリーズ使ったり投げ釣り仕掛け(7g)を付けた釣り。

サイズ 本体価格 ルアーウエイト
負荷
継数 対応リール ライン号数
6.2ft(188cm) 8,400円 3〜10g 2 スピニングリール2000~2500番 フロロカーボン4~8lb

GOOD(ジャッカル)公式「GOOD ROD GD-S62L-2PC」詳細ページはこちら

 

全く違う釣りなんですが、もの凄く汎用性の高いロッドなので、あれもこれもやりたい! という今回の僕みたいな欲張りな方には、1本持っておくと相当重宝するロッド。

シーバスに関してはウエイトのあるルアーを投げたり、釣れる魚もそれなりにデカいので、普段のバス釣りで使用している「ポイズンアドレナ66MH」【シマノ/ジャッカル】を今回は持ち込みましたが、実質この2本だけでバリエーションに富んだ釣りを満喫することができました。

たまたま今回は、ボートからの釣りでしたが、海で岸からやるにしても何ら変わらないタックルで、専用機種ではないものの普段からロッドに関してはこの汎用性の高さという部分は自分が一番気にしていることだし、求めていること。

これは魚種が違ったり、場所が違ったとしても基本的にはどの釣りにおいても求めている部分は一緒です‼︎

寒くなってくると、釣り物が少なくなってはきますが、そんな時こそ道具の汎用性を生かして様々な釣りにトライすることで、楽しい釣りができるかなと思います。

こんなロッドが1本あれば、どこでも釣りを楽しむことができますね!

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい