ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

情報がよく分かる&安心強度のPEライン。ゴーセン・ROOTSを橋本広基に聞いてみた

ゴーセン・ROOTS

ゴーセンから新たに登場したPEライン「ROOTS」。

原点回帰、という意味を込めて国内自社工場で生産されているメイドインジャパンのハイクオリティ。で、価格もかなりお手頃。

まずROOTS(ルーツ)にはどんなラインナップがあるかというと…。

最初に大きく2つに分けると、4本編みのROOTS PE×4と2021年春に発売が予定されている8本編みのROOTS PE×8。

 

好評発売中のROOTS PE×4をチェック

今回はすでに発売され好評を得ているROOTS PE×4をご紹介!

PE×4には色分け(5色分け)されたマルチカラーと、ライトグリーン単色の2種あり。

マルチカラーは100m、150m、200m、300m巻きがあり、ライトグリーンは150m、200m巻きがある。

ゴーセン公式 ROOTS PE ×4詳細ページはこちら

橋本広基さんに聞いた

今回は、その中からマルチカラーの実際の使用感などをゴーセンフィールドスタッフ・橋本広基さんに聞いてみました。

橋本さんはオフショアジギング、SLJから、ショアジギングやタチウオ、ライトゲーム、フラットフィッシュなど、なんでもこなすマルチアングラー。

そんな橋本さん、まず初期性能が非常に長持ちするといいます。

コーティングが非常に優秀でケバ立ちなどが少ない。最初のフィーリングが長く続くんだそうです。これはROOTS×4のみならず来春発売予定の8ブレイドも同様!

そしてROOTSマルチカラーはレンジなどがより分かりやすくなったといいます。

「10mごとに5色分けされたROOTSのマルチカラーですが、パッと見でルアーがどこにあるのか、ヒットレンジはどこかが把握しやすいですね。10mの各色の中間には黒のマーカーが入っていてより細かな情報が得られます」

「例えばSLJなど多彩な魚種が釣れることの多い釣りでは、特定の魚種が特定のレンジ付近でアタってくることも少なくなく、1匹釣ってじゃあ次…という時に再度そのレンジを攻めたりできます」

「それから、ジグを一度ボトムまで届けた場合に水深の把握も目で理解しやすいですよね。実際の水深よりもラインが出ていれば潮の流れの雰囲気もつかめますし、どういった角度でアプローチすると効果的かなども分かったりします」

SLJで例を挙げてもらいましたが、ヒットレンジや自身のルアーの位置、これに加えてどういったラインの角度(アプローチする角度)が効果的なのかといった情報が分かりやすいという。もちろん根掛かり回避にも役立ちます。

号数ごとのベストバランス

また、強度も非常に優れているのはもちろん、号数ごとに張りとしなやかさのバランスを設定しているので、安心してファイトでき、かつルアーを操作する際もストレスがないという。

どちらかに特化してどちらかを失うようなラインではなく、バランスよく高次元にさまざまな釣りに対応してくれるそうだ。

ちなみにゴーセン公式webサイトには釣種対応表も掲載されているので参考にしてみてはいかが?

ROOTS PE×4釣種対応表はこちら

このあたりはジャパンクオリティ、ゴーセンがこだわった部分。そうでありながら、コストパフォーマンスにも優れたラインなのが釣り人としてはウレしいところ。

オープン価格でありますが、かなり「ありがたい」販売価格となっています。

このあたりは自社で生産を行い、かつちょっとした修正点もすぐに反映できるからこそ。同クオリティでこの価格はなかなかないPEラインといえるのではないでしょうか?

ちなみに来春発売予定のROOTS PE×8もすでに使用している橋本さん。そちらの方もまた色々聞いてみましょう!

橋本 広基(Hiroki Hashimoto) プロフィール

ハッシーの愛称で親しまれ、三重県中南部を中心にパトロール中。釣りと野球をこよなく愛し、ライトゲームからオフショアまで何でも釣りたい欲張り系。3児のパパでもあり、家族サービスに苦戦する一面も(笑)。GOSEN、オーシャンルーラー、LIVRE、クレイジーオーシャンのスタッフも務める。

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。