ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖最新事情&DAIWA新作ベイトリールをご紹介!

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?

キビしい琵琶湖が続いていますね~。

私がオタマデラックスを狙っている北湖のディープフラット(北の砂漠)では、ホンモロコの大半が22ー25mよりも深い水深へ移動してしまいました。そのため、エビやイサザ、ヌマチチブなどが多い場所を釣っていますが、やはりホンモロコのように一筋縄ではいかないことが多く、苦戦しています。

かといって、シャローからミドルレンジにかけてもハスやウグイが多い訳ではなく、スライドスイマー175250への反応もイマイチ…ってことで、彦根や長浜まで走る日もありますが、みなさんも考えることは同じようでボートが多く、やはり一筋縄では行きません。

チラホラとヒウオも確認できるようになってきて季節の進行を感じ取れます。

南湖は南湖でこれまた難しく、ウイードが多いうえに、さらに千切れて浮いているウイードが多くてクランクベイトやバイブレーション、スピナーベイトなどが巻きにくい状態。かといって、テキサスリグなどのボトムの釣りでも反応はないし…。

と、なかなか相変わらずな琵琶湖パイセンでございます。

さてさて、みなさんもご存知の通り、来年2021年のフィッシングショーですが、すでに横浜も大阪も名古屋も中止が決定してしまいました。

ショップさんでのトークイベントなども開催できない状況ですが、来年の新商品はウェブ開催される各ショーや、各メーカーのホームページやSNS、このルアーニュースRのようなウェブメディアや、私たち契約プロスタッフのSNSなどでチェックしちゃってくださいね~!

今回は、DAIWAからの来年2021年の新商品の一部を紹介したいと思います!!

たくさんある新商品の中から、「ハイパードライブデザイン」を導入した「ジリオンSV」、「タトゥーラ300」、「タトゥーラ400」が私のメイン機種になるので、今回はそちらを少しだけ紹介しちゃいます!

「ハイパードライブデザイン」を分かりやすく説明すると、「強い・滑らか・軽い」を実現する新しい設計思想。その「強い・滑らか・軽い」が、さらに!なんと!「初期性能が永く続く」というのが「ハイパードライブデザイン」です!!

 

タトゥーラTW300

てか、スゴすぎてもっと色々と説明したい!(笑)のですが、DAIWAの公式YouTubeチャンネル「DAIWA Project T JAPAN × USA」で順次紹介されて行くので、詳しくはそちらでチェックしちゃってくださいませ~!

DAIWAの公式YouTubeチャンネル「DAIWA Project T JAPAN × USA」はコチラ

ジリオンSV-TW1000

もはや、次世代リールです!!

早くみなさんに実際に手に取ってもらって、こねくり回してもらいたいですわ~!!

楽しみにしててくださいね~!