ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2021年DAIWAハートランドの村上晴彦プロデュース新作BASSロッドはベイトフィネス・ホバストなどに最適な4本が登場予定「赤竿ハイエンドモデル1本とスタンダードモデル3本」

この時期になると、気になるのが、2021年登場の新作情報!

色々と情報を集めていますが、今回ご紹介したいのは、ダイワのハートランドロッドの新作なんです!

画像出典:YouTubeチャンネル「 issei一誠」

どんなモノなのか? なんですが…。何とプロデュースするご本人である「村上晴彦」さんが、動画「村上的ムラカミ的」で直接解説してくれています!

 

【村上的】#082 全部見せます!ハートランド2021最終プロト勢ぞろい【HEARTLAND】

出典:YouTubeチャンネル「 issei一誠」

ハートランドの2021年の新作は4本(赤竿ハイエンドモデル1本、スタンダードモデル3本)

この動画で村上さんが紹介してくれたハートランドの2021年の新作は4本。
4本の内訳は、赤モデル(今回は赤じゃないとの話も⁉︎)と言われるハイエンドモデルのベイトが1本。
そしてスタンダードモデルが3本(ベイトモデル2本とスピニングモデル1本)

ハートランド8ft3inchのM【ハイエンドモデル新作ベイトロッド】
ハートランド7ft5inchのH【スタンダードモデル新作ベイトロッド】
ハートランド8ftのMH【スタンダードモデル新作ベイトロッド】
ハートランド?ftのL【スタンダードモデル新作スピニングロッド】

動画内で村上さんが解説していた各ロッドの特長を要約してみると…

 

21ハートランド8ft3inchのM【フラッグシップモデル新作ベイトロッド】

83Mの長竿系ベイトフィネスロッド。83Mというと通称カワスペ3「HL832MRB-AGS14 KAWA SPECIAL ESS」とレングス&パワーは同じだけど、フィーリングはかなり感度重視に振ってあるようで、3代目ドットスリー(…)的な存在になるとのこと。

用途的には軽量系ルアー&リグ全般。特に1.8gのスモラバから7g前後のコンパクトラバジの操作性を意識してあるそうな!

なお今回の83Mは感度重視に振ってあるようで、実際、SVFコンパイル✘は使われているけど3DX、 X45は採用されておらず!
また最新の極小AGSガイド、CWS(カーボンラッピングシステム)が採用されていて、かなり感度重視セッティングな感じ。

あと、ちょっと注目したいのが、ハートランドのフラッグシップモデルといえば、ブランクのラッピングカラーが赤! が特長だけど、今回の新作は白(シルバー)と赤のコラボカラーちっくになっているとのこと。このカラーリングにも注目したいですね!

 

 

21ハートランド7ft5inchのH【スタンダードモデル新作ベイトロッド】

赤竿の疾風七伍AGS「ハートランド 751HRB-SV AGS19」をスタンダードモデルにした感じのモデルとのこと。

疾風七伍はバットジョイントツーピースだったけど、今回のはチョイ太目ブランクスでセンターカット2ピース!

 

21ハートランド8ftのMH【スタンダードモデル新作ベイトロッド】

長尺のなんでもロッド的存在 先の方はX45 バットは3DXを採用。
村上さん的には、現場に1本だけ持っていくシチュエーションではこのロッド!というぐらいの汎用性の高いモデル!

 

21ハートランド?ftのL【スタンダードモデル新作スピニングロッド】

ライアミノーのミドストなど、ジグヘッドのシェイクスイム、ホバストなど、ロッドのたわみを活かしたナチュラルアクションで誘いたい時に最適なロッドになりそうなのがコレ。

村上さんいわくMデレと別誂・冴掛の中間的なイメージのロッドとのこと。

 

以上、ハートランドから2021年登場予定のNEWロッド4本の情報をお伝えしました。

ちなみに、間もなく村上さんの元にラッピングされたプロトが届くとの情報を得たので、そのタイミングで実釣動画ロケをお願いしてみます! そちらの方もお楽しみに!