ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【藤原真一郎が解説】豆からギガアジまで幅広く対応するジグヘッド「宵姫AJカスタム」

アジング特集

ラグゼのアジング用新作ジグヘッド「宵姫AJカスタム」

人気ライトゲームのアジングにおいて、ジグヘッドの役割は非常に大きい。新たに出されるとなれば、そこにはそれまでのジグヘッドにはない魅力があるわけで…。

そんな「宵姫AJカスタム」の役割やギミックを、藤原真一郎さんに尋ねてみました。

宵姫AJカスタム

ハイポイント・ワイドギャップ

まず宵姫AJカスタムをパッと見た時に、ハイポイント&ワイドギャップのフックに目がいく。

これはアジが口に入れた際に、喉奥深くにオートマチックに掛かりやすくなる設計だ。

アユバリとAJカスタムの比較。ポイントからベンドにかけて似た設計

一般的にはワイドゲイプと言われる形状に見えます。

ちなみにラグゼではフックの正式な名称に則り、一般的にゲイプと呼ばれることの多い、ハリ先からシャンクの間隔をギャップとしている(ゲイプはアイからポイントの間隔)。

また、一見するといわゆるオープンゲイプとよばれる仕様に見えるかもしれません。

ただ、よく見るとハリ先は大きく外向きなわけではありません。ハリ先の位置が高くギャップは広い。ということで先に述べたように「ハイポイント&ワイドギャップ」なのです。

メリットとしては口の奥深くでオートマチックに掛かる。そして貫通性能も両立させる形状となっていて、幅広いサイズのアジに対応。

ショートシャンクで太軸、太軸のメリット

吸い込み性能の高さも売り。ショートシャンクでコンパクトシルエットになっているのが理由のひとつなのですが、軸の太さにもコダワリが。

「同じようなウェイトのジグヘッドと比較すると軸がやや太くなっています。この軸の太さはワームをセットした時に、ワームの背骨といえる部分をしっかり作ってくれます。背骨がしっかりでき、ショートシャンクでテール部分にかけてはワームの可動域が広い。しっかりした背骨とテール、アクションにしっかりメリハリがつくんですよね」

そう話す藤原さん。また、「ぜひ一度使って体感してほしい」というのがワームのズレにくさ。あえて若干太軸にすることでワームのズレが驚くほど軽減される。

「アジは時としてホントにワームがちょっとズレたり、ヘッドとの隙間があると途端に食わなくなることがあります。このやや太軸フックはそういったズレを大幅に少なくしてくれます」

では太軸だと刺さりが気になる部分だが、前述した計算された絶妙なフック形状に加え、ナノアルファを採用していることで問題ありません。

ナノアルファとは、ナノスムースコートの貫通力そのままに、ソルトでの使用にうれしい防錆効果をプラスしたフック。

ちなみに各地のアジングに足を運びマクる藤原さんだが、ナノアルファの防錆効果は初期性能を長く保ってくれるので非常に重宝しているのだとか。

‶ちょっと〟スライドしたり

続いてヘッド形状。ラウンド系ヘッドではなく、ショートダート系の形状。

ただし、ロッドで「ジグヘッドを動かそうとして動かす」だけでなく、ラインテンションを抜く→張るで、スッ、スッと横にわずかに動くような、スライドするような…。そんなアクションを演出できるのだという。

一口にアジングといってもそのパターンは多岐に渡り、一口にダートアクションといってもさまざま。ちょっとした動きで釣果が明らかに変わることがあるという藤原さん。

そうした、ちょっとだけバランスを崩したような、ちょっとスライドするような…をできるのが宵姫AJカスタム。これがまた動き過ぎると食わなくなったりと本当に微妙なアジング。その微妙なところ、隙間を埋めるようなアクションが出せるそうです。

また、水中ではレンジキープがしやすい(浮き上がりにくい)設計で、回収まで長くレンジをキープできるのも特徴。

さまざまなリグに対応

活躍の場が幅広いのも特徴。

藤原さん自身「やはりフックへの信頼感が非常に高いですよね。豆アジ専用のフックというわけではないですが、フックの設定やナノアルファなどの採用、またワームがズレにくいこともあって豆アジもよく掛けられます。逆にギガアジでも大丈夫。AJカスタムは数あるシチュエーションに高次元で対応してくれるのが魅力ですね」と話す。

どのような状況でも対応できることから、ウエイトラインナップも0.2~3gの11ウエイトと幅広い。フロート、ジグ単はもちろん、バチコンなどでも活躍できるジグヘッドとなっているそうだ。

オールラウンダー、かつ中途半端ではない。高性能オールラウンダーなジグヘッド、それが宵姫AJカスタムといえそうだ。

ラグゼ公式 宵姫AJカスタム詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。