ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ハイプレッシャーフィールドでも大活躍!サイトでも使えるストレートワーム!エンジンのS.T.PICK2.5

出典:エンジン公式S.T.PICK詳細ページ

今回紹介するのはエンジンのS.T.PICK2.5

9月に発売されたばかりの新しいソフトルアーです。

一見するとシンプルなストレートタイプのワームですが、ハイプレッシャーレイクのバスを狙ったギミックが凝縮されています。

今回はそんなS.T.PICK2.5のセッティングや機能性についてご紹介していきます。

カラーはサイト可能な6色展開

まずはカラーの紹介から。展開は6色。

水の透明度も上がるこれからの時期、サイトでも沈めても使える万能な6色となっています。

グリパンブルー

グリパンミミズ

ライブワカサギ

コーラ

S.T.ピンク

エビミソレッドフレーク

2.5インチサイズながらもノーシンカーで誘える!

このS.T.PICK2.5のポイントはノーシンカーでも使えること。

2.5インチと小柄なボディですが、細いPEラインと組み合わせることで十分な飛距離を出すことが可能。

フォール時もしっかりアクションしてくれます。

よくあるストレートワームは2.5インチサイズになるとフォールでの自発アクションが難しく、ネコリグやダウンショット、ジグヘッドワッキーなど沈めて動かす誘いが主流となります。

しかし、このS.T.PICK2.5はノーシンカーでもしっかりとアクションするため、ハイプレッシャーフィールドのバスでも誘いだすことが可能!

出典:エンジン公式プロスタッフレポート詳細ページ テスト段階でもバスの口奥に食わせたS.T.PICK2.5。バスが本気食いしている証拠。

たとえ水深1m以下の浅瀬であっても、着水から着底までの間にワームがしっかりアクションして、バスにアピールしてくれます。

ハイプレッシャーフィールドでも見切らせないで食わせることができるS.T.PICK2.5はこれからの時期でも活躍すること間違いなしです。

監修の羽生和人プロお気に入り「房掛け」セッティング

出典:TokitaGuideService公式羽生和人プロhablog

このS.T.PICK2.5を監修した羽生和人プロお気に入りのサイト用セッティング「房掛け」。

S.T.PICK2.5を2本を掛ければウエイトも増して、キャスト・操作感もUPします。

この房掛けのポイントはそれぞれのセッティング箇所です。

Fマーク箇所

まず1本目はFマーク付近にフックを挿し、2本目はちょうどボディの真ん中あたりに挿します。

この時、頭の向きを互い違いにしてあげると、フォール時により複雑なアクションを起こしてくれるとのこと。

フックはスーペリオ MⅡフック#8がオススメ。

房掛けの詳細は羽生プロのブログ「hablog」にて公開されています。

TokitaGuideService公式羽生和人プロhablog詳細ページはこちら

沈めればネチネチ誘える

エンジン公式ページにも記載はありますが、推奨リグはノーシンカー・ネコリグ・ダウンショット。

ネコリグの場合、0.8gのネイルシンカーであればシルエットを損なうことなく挿入できる設計になっています。

冬場はバスがストラクチャーの陰にとどまっている場合も多く、じっくり誘いたいときにはネコリグ・ダウンショットなど沈めて使うのがオススメです。

エンジン公式S.T.PICK詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。