ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スキマ時間にキャンプ&フィッシング】遠征にオススメ!対馬でオカッパリ五目ライトゲーム!!オリムピックのライトゲームロッドも実釣インプレ

寄稿:P!NKO

オリムピック・フィールドテスターのP!NKOでございます!

P!NKO(pinko) プロフィール

博多湾奥アジミーティングの首謀者。OLYMPICフィールドテスター。Throttleフィールドモニター。

仕事で長崎県の対馬に行きましたので、スキマ時間を活用して五目ライトゲームを楽しんできました。

対馬までは、福岡空港から約30分のフライトで到着。はっや!

飛んだと思ったらもう着陸。車で遠征するよりずっと時間短縮できますわね。

事前に仕入れた情報では、この時期の対馬はアジのサイズがまだまだ小さくて、アオリイカが絶好調とのこと…。

ビジネスバッグに、エギングの道具まで入れるにはキャパが足りないので、今回はイカちゃんは諦めました…。

対馬に持ち込んだタックルは、アジング用にロッドが「ヌーボコルトプロト542UL-HS」にリールは「ナスキー500(ラインはエステル」と、ライトロックフィッシュ用にロッド「19フィネッツァ」と、リールが「ヴァンキッシュ1000(ラインはPEを使用)」の2本。

まずは初日の夕方に最寄りの漁港で釣りをスタート。

「ヌーボコルト」でアジ狙い…のハズが15cmぐらいアジが無限に釣れるので、「19フィネッツァ」に持ち替えてライトロックフィッシュに切り替えます。

漁港近くの磯場で「シーライドミニ9g」のリフトアンドフォールで小型のオオモンハタやキジハタが1投1匹で釣れます。

さすが対馬、魚影が濃いですわね。

サイズアップを狙って岩場の間をすり抜けさせるため6gのジグヘッドに「グラスミノーM」をセットしてぶん投げると…ドーン!

「19フィネッツァ」が美しい弧を描きましたわ。

バットパワーもしっかりしてるので、底からイッキに離してグイグイ寄せます。

アジングも楽しいけどコレも楽しいですわ〜!

程よく満足したので、この日の宿(キャンプ場)に、戻り焚火をしながら鉄板で肉を焼きましたわ♡

お腹も満たされたので、夜の部、常夜灯下の豆アジングを楽しみます。

流れが強いポイントだったので、エステルラインの「ヌーボコルトプロト542UL-HS」にジグヘッドはダイワのタングステン(TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS)3gに、ワームは「月下美人 アジングビーム バチコンカスタム」、「アジスケ2.5」、「キメラベイト」で流れに乗せてやると引ったくるようなアタリ!

豆アジの入れ食いを堪能しました。

ムツやカサゴも釣れたので、翌日の朝ごはん用に数匹キープして宿(ハンモック)に戻ります。

期待の朝マヅメは大雨のため中止にして、朝からご馳走を堪能しましたわ。

アジは開いて鉄板で塩焼き、ムツは炙り、カサゴはアクアパッツァにして美味しく頂きました。

アジは開いて鉄板で塩焼きに

ムツは炙りに

カサゴはアクアパッツァに

今回は、仕事のスキマ時間のみの釣りでいろいろと制限がありましたが、次回は対馬らしいデカいロックフィッシュ狙ってみたいですわ!