ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アスリート12SSPとアスリート14SSP】ロックショア青物ゲームで超効果的なスリムシンペンの使い方を解説

寄稿:菰田淳史

菰田 淳史(Atsushi Komoda ) プロフィール

房総半島をホームグラウンドにあらゆる釣りを楽しんでいるアングラー!ちなみに最近はサーフからのヒラメ&マゴチといったフラットフィッシュゲームにドハマり中!

こんにちは、菰田 淳史です。
さて、サーフからのフラットフィッシュ狙いで実績の高いアスリート12SSP14SSPですが、ロックショアゲームでの青物狙いでも好釣果が出ています。
というわけで今回は、アスリート12SSP14SSPの特長や使用方法を釣果とともに紹介させていただきます。

アイテム Size Weight Type Hook Price
アスリート14SSP 140mm 40g Sinking #4 ¥2,100(税別)
アスリート12SSP 120mm 33g Sinking #4 ¥1800(税別)

 

まずはアスリート12SSPから!

青物狙いで実績アリ!
アスリート12SSPの特長と使い方

メタルジグ並みの飛距離が出せるのは武器

アスリート12SSPは、元々はサーフからのヒラメ狙いで作成したルアーではありますが、私自身、多くの実釣でサーフのみならず磯からの青物狙いでもとても有効であることがわかり、現在、多用しています。
ルアーの特長としては後方重心設計のため、120mmサイズでもメタルジグに匹敵する飛距離を出すことが出来ます。
120mmのシルエットでかなりズバ抜けた飛距離が出せるのは磯でも、とても武器になります。

アスリート12SSP

ジャクソン公式 アスリート12SSP詳細ページはこちら

アイテム Size Weight Type Hook Price
アスリート12SSP 120mm 33g Sinking #4 ¥1800(税別)

 

シンペンの中では動きが大きめでハイアピール! 早巻きやスキッピングなども◎

動きの面ではシンキングペンシルの中ではアクションが大きくハイアピールで誘うことが出来ます。

さらに早巻でもしっかりとスイミングしてくれます。
浮き上がりやすさを活かしスキッピング(水面をスキップさせるよう速引きする方法)での誘いも可能です。

 

アスリート12SSPの水中アクション動画をぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

シーバスヒラメタックルで狙う5㎏~8㎏程度の青物狙いに最適

なお、アスリート12SSPを使った攻めはガチガチの青物タックルで狙う青物ゲームではなく、シーバスヒラメタックルで狙う5㎏~8㎏程度の青物狙いに最適です。

 

 

続いてアスリート14SSPについて!

青物狙いで有効!
アスリート14SSPの特長と使い方

12SSPをさらに強度をアップさせ、対モンスターとして進化させ開発したのが14SSPです。こちらはモンスターと真っ向勝負出来る仕様にしました。

12SSPをただサイズアップさせたのではなく貫通ワイヤーを搭載し、フックアイ&ラインアイも強化してあります。

アスリート14SSP

ジャクソン公式 アスリート14SSP詳細ページはこちら

アイテム Size Weight Type Hook Price
アスリート14SSP 140mm 40g Sinking #4 ¥2,100(税別)

 

朝マズメの時合が過ぎた後では、スローなテロテロ引きがオススメ

アクションは若干重心を前方に調整したこともあり、タダ巻きでは、よりワイドなアクションになっています。

なので、朝マズメの時合が過ぎた後では、スローなテロテロ引きがオススメ。ワイドなスイングアクションのアスリート14SSPを使った攻めでけっこうバイトが拾えます。

 

アスリート14SSPのアクション動画をぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

自重が40gあるので、青物タックルでも使用しやすいです

タックルはシーバスヒラメタックルはもちろんのこと、40gのウエイトがありますので、青物タックルでも使用しやすいウエイト設計になってます。

 

アスリート12SSPと同14SSPの使い分けについて

高活性なら12SSP、時合が過ぎた時は14SSP投入が◎

なお、アスリート12SSP同14SSPの使い分けについてですが、ベイトサイズに合わせるのもイイのですが、私は以下のような意識で使い分けを行っています。

・ピッチの細かいアスリート12SSPは活性の高い時

・ボイルなどがなく時合いが過ぎた時はアスリート14SSP

以上、ロックショアゲームでの青物狙いで実績の高いアスリート12SSPと同14SSPについてご紹介しました。

 

サーフからのフラットフィッシュ狙いだけでなく、ぜひ青物ゲームでもアスリート12SSPと14SSPをお試しください。