ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【O.S.P初のフックが登場】ワームをシッカリ固定できるカバーネコリグ専用フック!「O.S.P HOOK SCRUM(スクラム)」が公開

根こそぎ釣れるリグでお馴染み、ネコリグ。

最近ではベイトフィネスやパワーフィネスを使った、”カバーネコリグ”が流行っていますよね!

ただ、ワームがズレてストラクチャーに引っ掛かったり、ワームの動きがイマイチだったり、意外とセッティングが難しい…。

そのようなことを解決する専用フックが何と! 「O.S.P」から登場予定。

 

O.S.P HOOK SCRUM(スクラム)

2020年12月上旬登場予定

O.S.P初となるワームフック! 「O.S.P HOOK SCRUM(スクラム)」。

因みにスクラムとは、ラグビーの試合再開時に行われる選手同士が組み合う動作のこと。

「スクラム」のように、ワームとフックがシッカリホールドするという意味が込められて、このネーミングに!

ワームのホールド力に優れており、ワーム本来のアクションを最大限に発揮させることができます! また、フックポイントも隠せるのでスナッグレス性も抜群。

フックサイズ/入数 本体価格
#2(5本入)・#1(5本入)・#1/0(4本入)・#2/0(4本入) 全サイズ450円(税別)

 

カバーネコリグ専用「O.S.P HOOK SCRUM(スクラム)」の特長

では、カバーネコリグに徹底的に拘った「O.S.P HOOK SCRUM(スクラム)」の特長に注目していきましょう!

 

ワームがズレにくい

まず! 注目して欲しいのは”ワームのホールド力”。

しっかりワームを支えて本来の性能を発揮させるため、フック上部に”Vアーム”を採用。

 

このVアームとフックの3点でワームのボディを固定することで、ラフな扱いでもワームがズレにくくなります。

実際に装着するとこんな感じに!

 

キャストによる衝撃やカバーへコンタクトしてもズレにくく、ホールドされ続けることでアクションも安定。より長い時間カバーでバスを誘い続けることが可能です。

 

水中姿勢が安定している

水中姿勢も常にフックが上を向いているため、バスの上顎へガッツリフッキングが決まります。

カバー越しにワームを吊るした状態でも、姿勢が安定していることで、アクションの伝達ロスも抑えられて、ワーム性能を極限まで発揮。

 

ヘビーカバーへのアプローチも余裕

また、ヘビーカバーからでも強引にバスを引きずり出せるように、掛けても伸びにくい国産フックを採用。

 

PEセッティングのMHクラスのロッドで強引にやり取りしても、シッカリ粘るパワーを秘めています。

 

全4サイズがラインナップ!

サイズは全4サイズ。ワームのサイズやタックルバランスによって、各サイズを使い分けてみてくださいね。

 

フックサイズによる適応ワーム一覧表

 

これからの冷え込む時期、深場へ落ちるバスも居ますが、デカバスはシャローカバーに潜んでいることが多いです。

そのようなバスに対しても、是非「O.S.P HOOK SCRUM(スクラム)」でアプローチしてみてくださいね!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。