ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

B.A.S.S.セントラルオープン第3戦は総合65位。次戦も全力で頑張る!

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!無事にアメリカへ入国し、B.A.S.S.セントラルオープン第3戦のために、アラバマ州のニイリーヘンリーレイクに来ました。

ニイリーヘンリーレイクはスポッテッドバスで有名クーザリバー水系で、僕個人的にはこのクーザリバー水系は最も苦手意識の強いフィールド。
何とか今回は克服したいと意気込んでの参戦!

前回帰国前に10FTUディーラーになって頂いたバックスアイランドのダンにお願いしてボートの保管をしていたから、今回は車だけの移動と助かりました!

早速プラクティスに入り、初日からゲーリージャンボバズにて3lbから4lbのラージマウスバスを見つけられていましたが、日に日に練習を重ね、他のアングラーもプラクティスに入りだしてからは、沈黙が近づいていきました。

ラージマウスバスを追いかけていくのは危険かなと、名物スポッテッドバスを、探しにいくことに。

シャローフラットが長く続くレッジの釣りで、ワールドミノーやシャッドラップ、スウェジーなどで何発か拾ってはいきました。しかし、スポッテッドバスは足が速く、追いかけていけない不安定さ抜群の状況で、他のラージマウスバスのパターンはないものかと、再びシャローフラットのカバー絡みを探してみました。


すると、1カ所だけマクベスワイドルモアポーボーイで小さいながらも簡単に連発するスポットを発見!
試合はまずしっかり揃えてから、ウエイトアップを狙う作戦に出ることにしました。

公式練習が始まってからはマシントラブルも発生して、サービスクルーのみんなや、アメリカで10FTUディーラーになってくれたバックスアイランドのみんなが直してくれて、試合にも不安なく出場。最高の体制でした。

 

しかしながら、初日5尾のリミットは揃えたものの、デカい魚は入れることができなく、80位と出遅れたスタート。

2日目一気に戦略を変えるか悩みましたが、まずはしっかり5尾を揃えてからまた狙いに行く作戦にしました。

最近の試合と言うか、今年は特にうまくハマらないことが多いから、基本に忠実に、まずはきっちりを心がけた試合運びとなり、2日目もリミットメイクをして狙いにいったが、まぜることができないまま、タイムアップ。

総合65位と少しマクッてのフィニッシュでしたが、今は一歩一歩感覚を取り戻していくことが大切な気もしているから、okだったかなと。

次戦はそのまま連戦で、テネシー州はレイクチェロキーが舞台。

ここもまた初めて訪れる場所なだけにワクワクしますが、これまた苦手なスモールマウスバスの試合だからどうなるか?
とにかく全力でしっかり戦ってきます‼️