ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ナイトティップランを体験!

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いします!

ナイトティップランへ!

さて今週のイカ曜日は、先週に引き続き今が旬な釣り「ティップラン」をお伝えしますが、今回は少し変わった時間帯から釣る福井県小浜のご当地的?な「ナイトティップラン」を体験してきた様子をお伝えいたします。

釣り当日は16時ごろ出船してポイントには16時半ごろ到着。

早速通常のティップランを始めることに。

水深は25〜35mくらいのブレイクラインを攻めることに。

一度ボトムを取り5回ほどしゃくり上げ「ピタッ」っとエギを止める。

この動作は先週のイカ曜日で紹介したように「静と動」をしっかりとすると、すぐにアタリがあるがのらない?

なぜ?なぜ?ってなっているとフグがカンナにかかってきた。

犯人はフグの猛烈なアタックでした(汗)。

少しだけ浅いポイントや深いポイントに移動してもらうと急に反応が変わってきた。

エギをボトムに着底後、シャクり上げを3回にして様子を見ると気持ちの良いティップラン特有のアタリ!

ティップが入るアタリを捉え本日1パイ目となるアオリイカをゲット。

夕マヅメの時合と感じすぐに仕掛けを入れ直しシャクり上げるとまともや気持ちのいいアタリが出て見事にヒット!

その連チャン劇をしばらく味わっていると周りはどっぷりと陽が落ちて真っ暗に。

そして本日メインとなる「ナイトティップラン」の始まりである。

私も初めてとなるナイトティップランですが、船は昼とは違いイカリを降ろして完全固定。

なので、潮が走っていないと釣りにならないって感じ。

私の体験した日はあいにくの潮が走らない最悪の日にあたり、ライトを照らしていることもありアオリイカが浮いてきてライトに寄ってきた小魚にロックオン!

こうなってはエギに反応がなくなってしまう。

バーチカルにエギを沈めてティップランをしても、少しキャストして引っ張ってくるティップランをしても反応がなく、唯一反応があったのがサゴシ⤵︎

エギはバンバン切られるは、エギはボロボロにされるはで凹んでいましたが、こうなればサゴシ退治だ〜ってことでスロージギングで狙ってみるとすぐに釣れてくれた。

こうなるとイカはますます反応がなくなり湾内に戻ってきましたが、全く反応がなく初めてのナイトティップランは楽しさを体験できずでしたが次回は必ず克服してやる〜って感じで帰港しました。

結局、通常の夕マヅメで釣ったティップランでのアオリイカと、ライトに集まってきた浮いたアオリイカをキャスティングで釣った以外は、スローでのサゴシだけとなってしまいましたが大変楽しく、新しい釣りに勉強させられた1日になりました。

今回お世話になった福井県小浜岡津のビックキャッチさんにみなさんも出かけてみてはいかがですか。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

タックルデータ

ロッド:アサルトジェットタイプTR 510 M-S、同63ML-S(ゼスタ)
リール:19セルテートLT2500−H(ダイワ)、18イグジストLT2500S−C(ダイワ)
ライン:X8 Pro エギング0.6号、X4Proエギング0.6号(デュエル)
リーダー:HARDCORE エギングリーダー2号(デュエル)
エギ: ez−Q キャストプラス3号(デュエル)、 アオリーQ ロングキャスト3号(ヨーヅリ)、アオリーQ 2.5号(ヨーヅリ)、フィンプラスTR 3号30g サーチWグロー(デュエル)
シンカー:パタパタシンカー10g〜80g(デュエル)

DAIWAゲームベスト、DUEL自動膨張ライフベスト、ストリームトレイル 防水バッグ33L、LIVRE ハンドル WING92 Fino+ノブ

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/