ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【港湾シーバス~磯ヒラまで対応】シマノのシーバスロッド「エクスセンスジェノス」ベイトキャスティングモデル

シマノのシーバスブランド「エクスセンス」が手掛けるシーバスロッド「エクスセンスジェノス」。

「エクスセンスインフィニティ」に次ぐ、上位機種として展開されるロッドで、様々な状況に対応できるラインナップが魅力。

そんな、根強い人気を誇るエクスセンスジェノスに話題のベイトスタイル対応モデルが登場。

 

エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)【シマノ】

。”極上のキャスト性能”を追求したシーバス専用ベイトロッド「エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」。

シーバスゲームにおける、ベイトロッドのメリットを最大限に発揮。色々な方向から、オーバーヘッドやサイドといった様々なキャストでテンポよくポイントを探ることが可能。

 

シマノ公式「エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」詳細ページはこちら

 

ベイトタックルの利点

①精度の高いキャストができる

親指で繊細なサミングコントロールができるため、キャスト距離の微調整が容易。狙いのポイントへ正確に射抜くことが可能に。

また、キャスト中に糸ふけも生じにくく、ルアーの飛行姿勢を整えることができるので、キャスト精度が向上。着水前後にも過剰な糸ふけが生じにくいため、風の影響による左右のキャストコースのズレの抑制に貢献。

 

②リトリーブが安定していてブレない

ベイトリールはスプールに対し、直線方向にラインを巻き取る構造となっているため、スピニングリールと比較すると、巻き上げパワーが強力。そして、ラインを巻き取るためのローターが存在せず、リトリーブ時のブレが少ないのも特長。

引き抵抗の大きいルアーでも、疲れにくく安定したリトリーブが可能に。

 

③ルアーの操作がスムーズ

ベイトキャスティングロッドはガイド数が多いため、ガイドとガイドの間の糸ふけを抑制。風の影響によるパワーロスも生じにくく、巻き始めてすぐにルアーを動かすことができるので、ヒットチャンスを逃さないという利点が。

また、ガイド高が低くラインとブランクスの距離が近いため、リニアな操作感でルアーを操ることが可能に。

 

④強引なやり取りが行える

リールの構造上、魚が掛かってからはゴリ巻きでのフッキング&ファイトの展開が容易。ダイレクトな巻き取りが可能なので、ヒット直後にストラクチャーから強引に離したいときも、アングラーにとって有利なファイトを実現。

相手に反転する余裕を与えず、強引に寄せれてテンションのオンオフも生じにくいので、バラシが少なくなるのも利点の1つ。

 

インストラクター「鈴木 斉」氏の実釣動画がこちら

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)

バックラッシュを抑制しつつ飛距離を向上

極上のキャスト性能”を追求するにあたり、まず着目したのはバックラッシュの抑制。

 

ベイトタックル最大の難点が”バックラッシュ”。特にシーバスロッドになるとレングスが長く、キャストするとどうしても急激な加減速によるライン放出のムラによって、バックラッシュが起こるのは必然。

エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」はキャスト時にロッドへ掛かるエネルギーを、なるべく全体に効率良くいきわたるように、曲がりのスムーズさを徹底的に追及。バックラッシュを大幅に軽減することに成功。また、近~遠距離まで、高精度キャストも思い通りにコントロールすることが可能に。

 

バックラッシュを抑制し大遠投を可能にするブランクス

スパイラルXコア

また高弾性化の弱点である強度の低下を解決すべく、シマノ独自の基本構造「スパイラルXコア」を搭載し、ネジリ強度1.4倍つぶれ強度2.5倍を達成。さらに軽量で振り抜けが良く、高弾性ながらも”強く”、”細く”、”ブレないブランクス”を生み出すことに成功。

シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造「スパイラル X」に、東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーなどによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用。

出典:シマノ公式「エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」詳細ページ

 

 

M40X

バックラッシュを抑制してスムーズな曲がりを実現するため、ブランクス素材には、エクスセンスシリーズ最高レベルの高弾性素材”M40X”を採用。高弾性素材の採用により曲げ込むほどに強大な反発力を発揮、軽量化によるキャストスピードアップも可能となり、大遠投が可能に。

 

スパイラル Xコアの適材適所に高強度高弾性カーボン素材の炭素繊維トレカ®「MXシリーズ」を採用。MXシリーズとはナノレベルの炭素繊維の結晶構造を高精度に制御し「超高配向微結晶」構造とすることで欠陥を少なくし、高強度と高弾性率化の両立を実現した新素材。シマノオリジナルブランクスの潜在能力がさらに向上しました。

出典:シマノ公式「エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」詳細ページ

 

トラブルを軽減するティップセクション

ティップセクションは、強靭かつ軽量なチタン素材を採用。そしてガイドフレームには、シマノならではの冷間鍛造技術で生み出される「Xガイド3Dチタン」を搭載。

 

Xガイド(3Dチタン)

強靭かつ軽量なチタン素材を用い、シマノならではの冷間鍛造技術で生み出されるガイドフレームです。3Dテクノロジーにより計算された傾斜角度、そして段差やシャープエッジをなくし成型した立体構造フレームにより、糸ガラミを抑えたトラブルレス性能とスムーズな糸抜け性能を両立。

出典:シマノ公式「エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」詳細ページ

 

3Dテクノロジーにより計算された傾斜角度、段差やシャープエッジのない立体構造フレームによって、糸ガラミを抑えたトラブルレス性能とスムーズな糸抜けを両立。振り抜けも良く、ラインとガイドの抵抗が非常に減ったことによりラインのダメージを軽減し、強風、向かい風の中でのキャスト&リトリーブのストレスを軽減、バックラッシュの抑制に大きく貢献。

 

NEWカーボンモノコックグリップの搭載で軽量&高感度

グリップには「NEWカーボンモノコックグリップ」を搭載。より軽くなり感度増幅に貢献。

 

NEWカーボンモノコックグリップ

リアグリップをカーボン一体成型で中空構造化するという革新的なアイディアで、新たな高感度ロッドの歴史を創り上げたカーボンモノコックグリップ。従来にない情報伝達力を獲得し、かつてない軽さと感度を獲得しました。

出典:シマノ公式「エクスセンス ジェノス(ベイトモデル)」詳細ページ

 

1 / 2
次へ