ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【様々なフィールドで活躍中】水野浩聡が「ハニーナゲット」を使って琵琶湖のディープで数釣りフィッシングを楽しむ!

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは! ちょっと最近の冷え込みで、朝布団から出るのが少々辛くなってきました。

末端冷え性な僕なので、すでに寝る時は靴下を履いてますw。

 

琵琶湖の最北エリアで数釣りフィッシング!

さて、今週は琵琶湖最北エリアに行き、怒涛の数釣りをエンジョイしてきました。

寒くなってきてからが本番のこのエリア。以前はガイドでもよく出ていた場所なので、ロックエリアや漁礁、ウィードエリアといった思い出巡りのような感じで各所をランガン。

 

だいぶ冷えてきたので、バスも10m前後のレンジに固まりだしています。

特に僕が訪れた時は、琵琶湖の放水量も上がったタイミングでもあったので流れがヨレるようなスポットのレンジにバスがかなり集まっている感じ。

ネコリグやダウンショットなどで、とにかく沢山の数を釣ることができています。

 

変にローライトだと中層に浮き気味の魚が多くなりますが、暖かく晴れてくれると日中ではボトム付近での反応が良くなるので、そのような時間帯は「ハニーナゲット」(3in)の7gフリーリグを10-13mといった深場へ落としてアクション。

Name Length Quantity 推奨フックサイズ Price
HONEY NUGGET 3.0” 3inch 6本入り オフセット#1/0〜2/0 ¥800(本体価格)

ジャッカル公式「ハニーナゲット」詳細ページはこちら

 

コレを使うことで、一回りデカいサイズを選びながら釣っていくことができました。

僕自身も久々だったこともあり、最初はライトリグで手堅く攻めつつ、ボトム攻めではもってこいの、「ナカタジグ」(3/8oz)に「リズムグラブ」をセットしたものを落としていました。

 

左:「ナカタジグ」 右:「リズムグラブ」

 

ナカタジグのスペック

Name Weight Price
NAKATA JIG 1/4oz ¥720(本体価格)
NAKATA JIG 3/8oz ¥750(本体価格)
NAKATA JIG 1/2oz ¥780(本体価格)

 

リズムグラブのスペック

Name Length Quantity 推奨フックサイズ Price
Rhythm Grub 2.4″ 2.4inch 5本入 オフセット#2・1 ¥480(本体価格)

ジャッカル公式「ナカタジグリズムグラブ」詳細ページ

 

ポロポロ拾えてはいたんですが、この「ハニーナゲット」(3in)のフリーリグに変更した途端に怒涛の毎投バイト!

腹パンパンの35-45クラスが次々にヒットしてくれます。

前回のコラムでは、長良川で同じリグでキッカーをキャッチした話をしましたが、場所を変えてもこの威力は凄まじく明らかに差となって現れているし、やはりフルフッキングが最高に楽しい。

このパターンを見つけてからは、ずっとこればかり投げていましたね

 

フリーリグのシンカーセレクトについて

普段は、「ハニーナゲット」(3in)を陸っぱりで使用する時は、3.5-5gという軽めのシンカーとセットすることがほとんど。

 

ですが、さすがに流れのある琵琶湖のディープ攻めということで、7gをメインに使用していました。

ボトムからちょっと浮いた魚も拾っていきたいという狙いもあるので、これ以上軽くすることはしません。

ベイトフィッシュを追ったバスも居ますが、僕が狙っているバスはそのほとんどが小さなエビを食っていて、ファイト中にそれを吐き出すこともしばしば。

 

なので、ルアーのシルエットもこれ以上あげることはせずに、最低限のアピールを持たせて、フォール中にも誘っていけるこの「ハニーナゲット」(3in)のフリーリグを多用してバイトに繋げています。

 

タックルデーター

ロッド:ポイズンアドレナ166MH【シマノ/ジャッカル】

リール:メタニウムDC HG【シマノ】

ライン:レッドスプール(16Lb)【ジャッカル】

 

圧倒的に差となって現れるこの釣り。ぜひ秋の様々なフィールドでお試しくださいね!

 

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい