ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2021年、天龍のトラウトロッド「レイズ」にロングレングス3機種が追加

2020年春にリニューアルされた天龍のトラウトロッド「レイズ」に8ft以上のロングレングスが追加されることが明らかになりました!

出典:天龍公式レイズ詳細ページ

実はフィッシングショーOSAKA2020などで、ロングレングスのプロトは展示されていて、いよいよ形になることに!

旧モデルのレイズには、サクラマス向けのモデル RZ87Hがあり、サクラマスや遠投からの大型トラウトでの実績も高く、愛用者も多かったのでは!?

そんなロングレングスのNEW、2021年1~2月になんと3機種が追加される予定。

機種 タイプ レングス ルアーウエイト ライン 価格(税抜) 発売予定時期
レイズ RZ912S-H(Silver Scale) スピニング 9’1″  MAX30g MAX 16lb・PE1.2号 ¥58,500 2021年1月予定
レイズRZ842S-MMH(Silver Scale) ベイトキャスティング 8’4″ MAX25g MAX 12lb・PE1.0号 ¥55,500 2021年2月予定
レイズRZ842B-MMH(Silver Scale) ベイトキャスティング 8’4″ MAX25g MAX 12lb・PE1.0号 ¥59,500 2021年2月予定

実に3シーズンに渡って各フィールドでテストを行ってきたという、天龍イズムを感じるロッドになりそう!

11月初旬に天龍公式webサイトにて詳細が明らかになっていくというので要チェック!

スタッフ公式ブログもチェック
http://blog.tenryu-magna.com/?eid=1691

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。