ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

力強いファイトにハマる人続出中!オカッパリアコウ(キジハタ)ゲーム秋のランカー攻略術!

寄稿:土居 大紀

皆さんこんにちは。

しまなみエリアを中心に活動している、サンラインフィールドテスターの土居大紀(どい・だいき)と申します。

今回は、岸から狙う秋のアコウゲーム攻略法を紹介していきます。

土居 大紀(Daiki Doi) プロフィール

1973年9月生まれ。広島県出身在住で、瀬戸内海全域をメインにライトターゲットやアコウを狙うソルトアングラー。 メバリングではしなまみエリアをホームとし、JH単体やメタルジグでの釣りを得意としている。現在までの最大サイズは、しまなみエリアにてエコギアのグラスミノーSS&シラスヘッドファイン1.4gでキャッチした31cm。趣味は格闘技観戦とお昼寝。サポートメーカーは、メジャークラフト、エコギア、フィッシュリーグ、ゼスタ、サンライン、エターナル。

 

アコウはベイトパターンが存在しない

アコウ釣りでは、秋はシーズン後半と言われています。

確かに水温の低下と共に深場へ移動する個体が増えてくるのですが、狙い方は特別シーズンを通して変わることはありません。

理由は、瀬戸内エリアではアコウが圧倒的に蟹、エビなどの甲殻類を年間を通してメインベイトにしているからです。

 

たしかに魚類を口にすることもありますが、シーバスをはじめとした他のターゲットとは違い、固有のベイトに固執することもありません。

つまり、ベイトパターンと呼ばれるものがないのです。ですから、甲殻類を模したワームを使用したリグで狙うのが最も効率的で確率が良い釣り方だと思います。

 

ラインセレクトがとても重要

実際私はシーズンを通して、8割はテキサスリグを使います。

 

またはキャロライナリグを使用しています。

つまり根周りのボトムの釣りです。加えてアコウは想像を絶するパワーの持ち主ですから、この釣りで私が重要視しているのは、使用するラインの強度と感度。

当然広範囲を探る釣りなので、飛距離も重要になります。現在、これらの条件を高いレベルでクリアしているのが、「ソルティメイト キャストアウェイPE」と「ソルティメイト システムショックリーダーFC」【サンライン】の組み合わせです。

サンライン公式「ソルティメイト キャストアウェイPE」詳細ページはこちら

 

サンライン公式「ソルティメイト システムショックリーダーFC」詳細ページはこちら

 

比重が高くてシッカリとしたコーティングPEラインと耐摩耗性に優れた低伸度フロロカーボンリーダーはまさにこの釣りにうってつけといえます。

また結束の強さも特筆すべき点といえます。メインの組み合わせはPE20Lb、リーダーは25Lb。

 

この組み合わせで今年も数多くのアコウを手にしてきました。敢えて秋のアコウ狙いについていえば、深場のボトムでより丁寧にルアーを操作し、小さな当たりも確実にとらえる必要がありますから、総合的なラインシステムの性能が大きく釣果を左右します。

 

ルアー操作、魚とのやり取り、いかに安心して釣りができるか。それを支えるのは自信の持てるラインシステムに他なりません。

皆さんもぜひランカーアコウを仕留めてください。

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!