ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ブランド初のタチウオテンヤ専用ロッド】超ショートバイトでもシッカリ捉える!三宅商店の「シンガリ911」をご紹介

タチウオに特化したテンヤやルアー、ワームなどを手掛けるブランド「三宅商店」。

ワンタッチでエサやワームを装着できるタチウオテンヤ、「タッチポンシリーズ」などが有名ですよね!

実釣性に優れていながらも、遊び心を取り入れたアイテムが多くのタチウオアングラーをトリコにしています!

そんな「三宅商店」から2020年の夏、ブランド初となるタチウオテンヤ専用ロッドが登場しました!

三宅商店(Miyake Syoten) プロフィール

2017年に「ミヤケマン」の愛称で親しまれている三宅伸豪(みやけのぶひで)が展開したブランド。 アングラーが『使って心地のよい釣具』を作っていきたいをモットーに、タチウオアイテムを中心としたオリジナルティー溢れるアイテムの開発に務めている。

 

シンガリ911【三宅商店】

近年人気上昇中の軽いテンヤを使ったタチウオゲーム、SLTT(スーパーライトタチウオテンヤゲーム)。

この釣り方に特化したロッドが「シンガリ911」。

最近は、ライトテンヤにルアーを装着して狙う方が増えてきていることで、エサもルアーもダブルで使えるように開発されたロッドなんです!

モデル 全長 仕舞寸法 自重 先径 テンヤ+エサ+ウエイト キャストウエイト 適合ライン 本体価格
シンガリ911 9ft11in 2ピース154mm 146g 1.8mm 35g 4g~35g PE0.6号~1.5号 53000円

三宅商店公式「シンガリ911」詳細ページはこちら

 

甘噛みバイトでもフッキングが決まるロッド

タチウオ釣りをする時、皆さんは何のロッドをお使いですか? シーバスロッドやエギングロッドなど! 他のルアーロッドを代用している方も多いのではないでしょうか?

モチロン、タチウオの活性が高ければ釣れてくれますが、問題は時合いが終わってから…。

マズメが終わるとタチウオは、それまでの激しいバイトとは異なり、テンヤを軽く抑えるような甘噛みに変わることが多く、バイトがあってもスッポ抜けなど良くある話。

専用ロッドである「シンガリ911」は、マズメ後の渋いアタリでもシッカリ捉えることができてフッキングに持ち込むことができるロッドなんです!

超ショートバイトでもティップが素直に入るので、タチウオに違和感を与えず食わせることができます。

 

キロクラスのタチウオでも抜き上げれるバットパワー

繊細なティップ周りに対し、バットはメチャ強靭!

タチウオ釣りでは抜き上げランディングが一般的なため、キロアップのタチウオが掛かっても、すんなり上げることができる強さにこだわられています。

実際に握って曲げさしてもらいましたが、ティップ部は太刀魚のショートバイトでも入りこむ感じで柔らかく、曲げると全体的に粘ってサオ全体が大きくしなる感じでした。

 

ロングレングスの理由

シンガリ911」は9ft11inのロングレングスロッド。

何故これだけの長さが必要なのか? まずは飛距離! SLTTは軽いテンヤを使うため、長いロッドの方が圧倒的有利。そのようなことで、扱えるウエイトも4gから35gまでと幅が広いわけです。

もう1つはラインメンディング。タチウオ釣りは沖堤防やテトラ周りなど足場が高いところですることが多く、その場合に長さがある方がラインメンディングがさせやすいんですよね。

風が吹いた時でも、ラインを水面に送ることでテンヤが流されることを軽減します。

 

各パーツにもコダワリが

他にも色々拘られている「シンガリ911」。

 

ガイド

ガイドは富士工業製のSICオールチタンKガイドが装備されています。

 

リールシート

リールシートは、フッキングした手が滑らないように、富士工業製ブラック特殊すべり止め塗装リールシートが施されています。

 

「シンガリ911」を詳しく解説した動画も是非参考に!

出典:YouTubeチャンネル「三宅商店」

まだまだ、狙えるタチウオ! 是非SLTTは「シンガリ911」で楽しんでみてください!