ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

超高速巻きでも動きがブレない新型テールスピンジグ「メタルマジックTG」

秋も深まってきて、ソルトウォーターゲームでは色んな魚種が狙える楽しいシーズンになってきました!!

そんなシーズンを満喫できる、色んなターゲットに有効なルアーをご紹介! それは…。

 

メタルマジックTG【アクアウェーブ】

発売中

登場したばかりのこのメタルマジックTGは、タングステン製ボディが採用された特殊テールスピンジグ。

何が特殊なのか? というと、タングステン製で、従来のテールスピンジグとはひと味違う、スリム&コンパクトなシルエットになっていること。

 

また断面が三角形の低重心、そしてフックとブレードの位置が近い構造になっていて、かなりの超高速リトリーブでも、バランスを崩さずリトリーブすることができるんです!!

実際、どれぐらい泳ぎが安定しているのか? 動画をぜひチェック!

動きにブレがないということは、姿勢が崩れて見切られるということもなくなるので、バイトチャンスも大幅にアップ。チェイスしてきてからのフッキングもスムーズに決まりということにつながります。

 

強靭なパーツで構成されています

あともう1つ特長として挙げたいのが、スプリットリングやフックなど、強靭なパーツで構成されているんです!

フックは小型ボディのメリットを生かしたテールフック1本が標準装備。丈夫なスプリットリングが採用されていて、パワーのある魚種にも対応!

 

 

スリムコンパクトシルエットで、低速から超高速巻きにも対応、しかも頑丈!ということで、狙える魚がかなり多いんです!

どんな、魚で有効なのか? というと…小さいトコロでいうと、キジハタ、オオモンハタなどのハタ類を含めたロックフィッシュ全般!!

View this post on Instagram

メタルマジックTG×キジハタ Aquawaveテスター大屋晃洋によるキジハタ釣果。根周りをゆっくり巻き上げて、数釣りを楽しんだそうです。比重が高いタングステンは底取りしやすく、着底後すぐに巻き始められるので、根掛かりリスクを減らすことが出来ます。実際、この日のルアーロストはゼロ! 底とりしやすさ≒根掛かりの少なさ は間違いありません。 #aquawave #アクアウェーブ #メタルマジック #メタルマジックTG #キジハタ #アコウ #カヤックフィッシング #ロックフィッシュ #boatfishing #offshorefishing #offshore #大屋晃洋

A post shared by Viva / Aquawave Lures (@viva_aquawave_lures) on

 

あとサワラ、サゴシ、ハマチ、ブリ、メジロといった青物系全般にも有効!

 

あとマダイやタチウオ、シーバスなどももちろんOK!
あとオカッパリだけでなく、オフショアでも使えるのが特長となっています!!

ウエイトは20g 30g 40gの3種あり

ベイトサイズや水深。または流れの強さによって使い分けられる3サイズ展開
30gと40gはパワー重視の太軸シングルフック仕様、20gはフッキング重視のダブルフック仕様

アクアウェーブ公式「メタルマジックTG」詳細ページはこちら

ウエイト 本体価格
20g ¥1,720(税抜)
30g ¥1,800(税抜)
40g ¥2,000(税抜)

 

 

カラーバリエーション

カラーは全8色展開! グロー系もラインナップされていて、ナイトゲームやディープにも対応

以上、マルチな使い方、マルチなターゲットで使える「メタルマジックTG」をご紹介しました!

 

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!