ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトゲームに超オススメ!めっちゃスリムでコンパクトなジグヘッド&ワームケース

できるだけ荷物はコンパクトにしたい!

機動力を生かしたランガン派にも、きっちりと美しく整理したい収納フェチなライトゲーマーにもオススメのアイテムがMEIHOの「ライトゲームケースJ」と「スリットフォームケースJ」。

なぜ、このアイテムがオススメなのか。

最大の理由は、驚くべきコンパクトさ!

「ライトゲームケースJ」

商品名の通り、ライトゲーム用のケースです。

お気に入りのワームを自在にレイアウト可能な、可変仕切板15枚付き。

で、注目なのは、このケースの薄さです。

もうご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、驚きの厚さ18mm!

システム収納界のプリンスこと、MEIHOアドバイザリースタッフの堀池克典さん

本当にコンパクトです。そして、フタにワームスリップ加工も採用されています。

ワームスリップ加工とは、フタ内側に施されているもので、デコボコ形状になっているので、ワームがフタにくっつかないようになっています。ワーム好きには嬉しい仕様!

これだけは終わりません。商品名「ライトゲームケースJ」のJは、ジョイントのJ!

そうなんです、ジョイントができるようになっているんです。

「ライトゲームケースJ」の背にあるツメの部分をスライドさせてドッキング。

カンタンにジョイントが可能です。

この状態でも厚さは36mm。コンパクト!2つ合わせれはバッグやボックスからも取り出しやすいですし、フタのおかげでワームのくっつきも気になりませんね。

そして…もう1アイテムご紹介させてください。「ライトゲームケースJ」の兄弟分です。

「スリットフォームケースJ」

こちらも商品名の通りのスリットフォームのケースになります。

スリットフォームとは、発泡ポリエチレンのマットにスリットを入れた、いわばフックを固定するマットのこと。ジグヘッドなどをスリットに挟んで収納するので、取り出しやすく、整理しやすい仕様です。

 

スリットはたくさんあるので、たくさんジグヘッドを差せるし、ウエイトやフックサイズも分かるようにカスタムすれば、すぐにローテーションできますね!

こちらも厚さ22mmと薄い!

そして、こちらの「スリットフォームケースJ」も、Jが付いています。ジョイント可能です。

同じ「スリットフォームケースJ」同士ももちろんですが、兄弟分の「ライトゲームケースJ」もOK!

18mmと22mmで40mm!この組み合わせだけでも、手軽なジグ単ゲームが楽しめますね!

■SPEC

「ライトゲームケースJ」

サイズ:175×105×18mm

備考:可変仕切板15枚付

メーカー販売価格:600円

「スリットフォームケースJ」

サイズ:175×105×22mm

メーカー販売価格:800円

 

ぜひ、秋のライトゲームのお供に!

コンパクトなケースでアジングにメバリングに、ぜひお出かけになってはいかがでしょうか!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!