ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

国保誠が琵琶湖・最旬パターンを紹介「ワカサギパターンの次にくるパターンは?」【平村尚也の琵琶湖リサーチTV】

琵琶湖のプロガイドの平村尚也さんが毎回ゲストを迎えて、琵琶湖の最新情報を動画で紹介するトーク番組なのが「琵琶湖リサーチTV」。琵琶湖界隈のニュースから、今、釣れている実績エリア、最旬パターンをはじめ、オススメアイテム情報もピックアップ。琵琶湖ボートアングラー必見の情報番組です!

Vish 琵琶湖リサーチTV特設ページはこちら

平村 尚也(Naoya Hiramura) プロフィール

琵琶湖南湖を中心にガイドを行うフルタイムプロフェッショナルガイド。フィールドの分析力において右にでる者ナシといわれる。通称・琵琶湖のリサーチ魔。琵琶湖バスフィッシングガイドサービスtruth代表

 

今回はゲストとしてプロガイド・国保 誠さんが登場

国保 誠(MAKOTO KOKUBO) プロフィール

巻く、撃つ、落とす、ハードベイトスタイルとジグ&TXスタイルをこよなく愛する元祖・イケメンデカバス琵琶湖プロガイド。多くのルアーやロッドなどの開発&製作にも携わっている。 ( 1976年生まれ、愛知県出身、滋賀県在住

 

平村尚也の琵琶湖リサーチTV-2020-10-9配信【ワカサギパターン終焉。次なる攻略法は?】

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

動画の内容を少しまとめてご紹介してみますね!

 

ワカサギパターンの次なるパターンとして国保さんが狙っているのが、ボディーウォーター絡みのエリアでのアラバマ系と、パンチショットリグ!

国保さんいわく、少し前までえ船団が出来ていた木ノ浜のワカサギパターンは、魚探に映るワカサギの映像も少なくなってきており、そろそろ終了気配とのこと。

そんな中、次の一手として国保さんが狙っているというのが、ボディーウォーター絡みのエリアでのアラバマ系と、パンチショットリグ!

あと、北湖での10m前後のディープエリアでのネコリグパターンも意識しているのこと。

使用するワームはパンチショットもネコリグも同様で、ミッドクローラー5.5インチ【バークレイ】です。

このストレートワームは、ハリのあるマテリアルで水押しが強いのが特長。

パンチショット使用時には、ウイードに対してスナッグレス性能が高く、また、ネコリグでは深い水深を攻めるため、重めのシンカーをチョイスしても、素材の力で想像以上に水を押し、キョーレツな存在感をみせてくれる。

ちなみに、両リグのウエイトは…。

パンチショットシンカーのウエイトは、メインが7/8ozで、状況に応じて3/4、1ozを使用。
なおフックは、ループス・スピードセッター4/0【エンジン】をセット。

また、ネコリグのウエイトは、ディープを狙うため、シンカーは重めの2.5ー3.5gをセレクトすることが多いとのこと。

 

 

以上が、国保さんの最新の琵琶湖攻略法! ぜひ今回の記事、動画を参考に、パターン変化中の琵琶湖のデカバスを狙ってみてくださいね!