ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今、注目のサワラ♪Go Toショアジギングでもっと簡単に魚釣る方法とは?

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

こんにちは、トモ清水です。

今、この原稿を書いているのは新潟のホテルからになります。

というのもこの1週間ほど、ピュア・フィッシング・ジャパンの開発フィールドテスト合宿を新潟で行っていて、昨日それが無事終わり、今はプライベートでそのまま新潟に居残っています。

早朝の朝練からホテルに戻り、この原稿を書いています。今日の朝練では、エギングでアオリイカ、ライトショアジギングでサゴシとイナダを釣って、まさに今戻ってきたところです(笑)。そういう意味では非常にタイムリーな情報です。

今朝の獲りたてホヤホヤの1本(笑)。原稿を書いているすこし前に、新潟にて。サゴシとイナダが回遊しています

今回はサワラ(サゴシ)という今人気急上昇中の魚に注目し、ショアジギングについて、もっと簡単に魚を釣る方法をご紹介したいと思います!

ショアジギングとは?

ショアジギングといっても最近ではかなり細分化され、大人気のジャンルの1つになっています。

ひと前昔はガチの男前のジャンルでしたが、現在ではタックルがライト化され、誰しもが楽しめる釣りへと変貌しています。100g以上のメタルジグをブン投げて、ひたすら大型魚を狙うというスタイルだけではなくなってきています。

20gのショアスキッドブレードチューンで。ブレードフックも現在、開発しています

細分化されたショアジギングですが、どれも共通して言えるのがルアー(主にメタルジグ)を遠投して、魚を掛ける気持ちよさ。あと何が釣れるか分からないドキドキ感、急にガツンッ! とくる明確なバイトと、魅力はここで書ききれないほどあります。

ショアから大型魚が狙える数少ない釣り方がショアジギングと言えると思います。さらに今、季節はショアジギングの最盛期とも言えるのが、現在の秋になります。

細分化されたショアジギング

ガチなショアジギングからライトショアジギングが全盛の時代に。そして今、時代はマイクロショアジギングと、まさに移り変わろうとしている転換期。狙うターゲットも青物一辺倒から身近なアジやメバル、根魚がメインへと、年間通して気軽に遊べるジャンルへと、ショアジギングも変貌しつつあります。

9月のバースデーフィッシュが、ショアスキッドブレードチューンにてめで鯛♪

メバリングがワーム一辺倒の釣りから、プラッギング、ボトムワインド、マイクロジギングなど多様化しているのと同様、ショアジギングもかなり多様化してきています。当然、同じ釣り方だと飽きてしまう。より一匹の価値を高めていきたいという多角性とアングラーがゲーム性を求める結果が自然とこういう流れになってきたと感じます。

尾びれが大きいのが印象的な淡路島の天然マダイ

特に小型のマイクロジグは本当に様々な魚種が狙えるところが魅力ですね。例えば私が今まで釣った魚種は、メバル、アジ、ベラ、カサゴ、カワハギ、フエフキダイ、マダイ、シーバス、カンパチ、サバ、イワシ、イサキ、メアジ、ネンブツダイ、スズメダイ、クロムツ、シマアジ、ムラソイ、バラハタ、アカハタ、ニジハタ、カンモンハタ、ホウセキキントキ、オジサン、メッキ、フエダイなど、マイクロジグフラットやマイクロスキッドで、実に様々な魚種が釣れています。

イナダ(ハマチ)もこれからのシーズン、よく回遊します。こちらもやはりショアスキッドで

細分化されたショアジギの定義とは?

これっ!という決まった定義はないのですが、私なりの簡単な各ショアジギングの基準はこちらです。

・ショアジギング(ガチ)

ターゲット魚種:3ー10kgクラスのブリ、カンパチ、大型根魚など。時には20kgオーバーのヒラマサ、GT、マグロを狙うことも

多用するジグウエイト:60ー150g

・ライトショアジギング

ターゲット:1ー5kgクラスのワラサ(メジロ)、イナダ(ハマチ)、サワラ、サゴシ、マダイ、根魚など

多用するジグウエイト:20-50g

・スーパーライトショアジギング

ターゲット魚種:~3kgクラス。イナダ(ハマチ)、サゴシ、ショゴ(シオ)小型マダイ、小型根魚など

多用するジグウエイト:5ー20g

・マイクロショアジギング

ターゲット魚種:~2kgクラス。イナダ(ハマチ)、サゴシ、ショゴ(シオ)小型マダイ、小型根魚、小型回遊魚(サバ、メッキ、カマスなど)、アジ、メバル、イワシ、ニシン、カワハギなど

多用するジグウエイト:1ー15g

と、こんな風にショアジギングといっても細分化されています。特にマイクロショアジギングは私が提唱している新しいショアジギングで、ターゲット魚種、使用するジグウエイトも従来とは全く違うのが見てとれると思います。

ショアジギングで簡単に釣る方

基本はメタルジグを遠投し、ワンピッチジャークやリフト&フォールを繰り返し、青物といったターゲットを狙うのがショアジギング。大型のヒラマサ狙いは100mmを越える大型のダイビングペンシルプラグをキャストし、表層で誘い出しを行ったりと。やり込んでいくと、投げる場所、タイミング、ロッド操作、遠投力など、かなりテクニカル。

こちらは船からのショアスキッドブレードチューン、ただ巻きでのメーターオーバーのサワラ

オフショアのジギングと同様、コンビネーションジャークや食わせの間を作ったり、狙って釣っていくという、やや難易度が高いショアジギング。ショアからの大型のヒラマサ狙いは、釣りの中でも難易度が高いと言われています。そこで今回は、そんな難しいショアジギングのイメージが、もっと簡単になってしまう方法を紹介したいと思います。

それは…

投げて巻くだけ

これだけで簡単に釣れます! 本当に曲げて巻くだけ。ねっこれだったら簡単、やってみようかなって思いますよね♪

では実際に巻くだけで釣れるルアーをご紹介します。

それはショアスキッドジグのリアにブレードを付けるだけの、ショアスキッドブレードチューン。

上が30g。下が40gのショアスキッドブレードチューン

ショアスキッドジグとは、ジギング用のスキッドジグを小型化し、ショアジギングやライトジギング用として作られた20gから60gまでの軽量小型ジグになります。もちろんノーマルでも各地で劇的な釣果を叩き出している大人気のメタルジグですが、ブレードを装着することで、よりアピール力が増し、ただ巻きだけで簡単にもっと釣れるジグに変身します。

さらにフォールはスプーンのようにヒラヒラ落ちて魚のバイトを勝手に誘発する、アングラー側に難しい技量が仮になかったとしても、ジグ自体が持つ能力で実に様々な魚を連れてくる頼もしいジグなのです。

それに加えて、価格もリーズナブルなところも大きな特徴です。ロス恐れずに思いっきり使えますからね。私もショアスキッドジグで堤防などから、イナダやサゴシ、アジや根魚など釣りまくっております。

マダイには本当にグリーンゴールドのカラーが効果的!

タチウオにもただ巻きは効果的

ショアスキッドジグのリア側に、コロラドタイプのブレードが最適で、動きが最もよく、釣果も抜群。たとえ高速で巻いても安定した泳ぎで魚を誘います。

5年ほど前から毎年通っている広島、山口の瀬戸内海では、サワラ、ブリのライトキャスティングゲームを、ショアスキッドジグのブレードチューンで釣りまくってきました。このエリアの海域では、9月ぐらいからシラスやイワシなどのベイトが集まりだし、それらを追って実に様々な魚種が集まる、実に最高のフィールド。同じく伊勢湾や東京湾、北九州でもサワラが、まさにこの時期から年末に向けて最高潮を迎えます。

30gのショアスキッドブレードチューンで。ただ巻きは超高速巻きで

サワラはまさにこれから!脂が乗って超美味!食べたら絶対ヤミツキに!

ソウダガツオももちろん釣れます

もちろんブリにもお試しあれ~

テスト風景の動画はこちら

こちらは北九州エリア

先々週も淡路島、神戸の沖堤防で、ショアスキッドブレードチューンを投げ倒してきましたが、マダイ、ハマチの釣果が得られました。

大阪湾の沖堤防は、まさにこの頃から初冬まで、ブリ、サワラサイズも狙える魅力的なフィールドです。もちろん、大型魚にもショアスキッドブレードチューンが、めちゃくちゃ効果的なので、ぜひ試して欲しいメソッドです。

今シーズン、巻くだけ簡単に釣れるショアスキッドブレードチューン。ショア、オフショア問わず、是非お試しあれ!!

トモ清水でした!

See you next time!

今回のオマケ動画はこちら

・マイクロジグのブレードチューンでカワハギ

 

この投稿をInstagramで見る

 

今週は開発集中週間でした〜 デスクワーク漬け♪ 現場で見つけた宿題を形にしていくのは本当に楽しい♪ という事で息抜きでオマケ動画です❤️ このサカナ、本当にマイクロジグフラットのブレードチューンでよく釣れます笑 #キジハタ #アコウ #abugarcia_berkley_japan #ピュアフィッシングジャパン #ピュアスタ #revo #エラディケーター #eradicator #ベイトフィネス #マイクロジグフラット #マイクロショアジギング #ブレードチューン #アブガルシア #釣り #カワハギ #トモ清水 #富山釣り #パワーフィネス #ウルトラキャストbf8

トモ清水🇯🇵Tomokazu Shimizu(@tomokazu.shimizu.7902)がシェアした投稿 –

・ショアスキッドブレードチューンでマダイ、バラシシーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ショアレッド♪ ショアスキッドブレードチューン巻きだけ簡単♪楽しい‼️ 真鯛他、サワラ、ブリ、アジなど青物以外のシーバス、タチウオ、クロダイなど色々釣れますよ〜♪ 是非お試しあれ〜😆 #真鯛 #マダイ #ショアレッド #ショアスキッドジグ #ショアスキッドブレードチューン #abugarcia_berkley_japan #abugarcia #バークレイ #ピュアフィッシングジャパン #ピュアスタ #puresta #ただ巻き #釣り #淡路島 #堤防釣り #ソルティースタイル #トリプルコンセプト #ぶり #シーバス #ルアー釣り #トモ清水 #スーパーファイヤーライン #魚 #魚釣り #釣りガール #釣り好きな人と繋がりたい

トモ清水🇯🇵Tomokazu Shimizu(@tomokazu.shimizu.7902)がシェアした投稿 –

■ライトショアジギングタックル

ロッド:Abu Garcia SaltyStyle LightShoreJigging LSJ STLS-962ML30-KR, STLS-1032ML30-KR

リール:Abu Garcia Revo ALXΘ3000SH

ライン:Berkley スーパーファイヤーライン・ウルトラ8 1.2号

リーダー:バニッシュレボリューション16lb

ルアー:Abu Garcia ショアスキッドジグ 20、30、40gのブレードチューン(ブルーピンク、ゼブラ他)

■オフショア、サワラキャスティング、タックル

ロッド:Abu Garcia OCEANFIELD OffshoreCasting OFOS-76ML

リール:Abu Garcia Revo ALXΘ3000SH

ライン:Berkley スーパーファイヤーライン・カラード1.2号

リーダー:バニッシュレボリューション20lb

ルアー:Abu Garcia ショアスキッドジグ 30gのブレードチューン(ブルーピンク、ゼブラ他)

■マイクショアジギングタックル

ロッド:Abu Garcia SaltyStyle MicroShoreJigging SMJS-862UL-KR、SMJS-962UL-KR

リール:Abu Garcia Revo MGXtreme1000S

ライン:Berkley ナノフィル・カラード0.5号

リーダー:バニッシュレボリューション6lb~10lb

ルアー:Abu Garcia マイクロジグフラット3~7g、1、2g(プロト)、マイクロスリム(仮名)1~7g(プロト)、マイクロスキッドジグ1.5~3g(プロト)

来年発売予定のマル秘プロトロッドで。現在鋭意開発中。リールはゼノン3000MSH