ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【コノシロパターン専用】ボディサイズ185㎜で平均飛距離55.9m。シマノ「エクスセンス コノシロペンシル 185F」

シーバス攻略方法の1つ、「コノシロパターン」。

一般的に10月~2月にかけて、”河川”、”河口”、”港湾部”などに接岸してくる“コノシロ”を捕食するシーバスに効くベイトパターンの1つ。

15㎝以上のサイズをコノシロと呼ぶだけあり、かなり大型のベイト。そのコノシロを捕食するシーバスももちろん大型。シーバスアングラーなら、テンションの上がるパターンなのではないでしょうか。

 

エクスセンス コノシロペンシル 185F

2020年10月登場

名前の通りコノシロパターン専用設計、ボディサイズ185mmというビッグペンシルベイト。

サイズ 自重 タイプ カラー 本体価格
185mm 95g フローティング 8色 3500円

シマノ公式「エクスセンス コノシロペンシル 185F」詳細ページはこちら

 

飛びと泳ぎで水面を攻略

エクスセンス コノシロペンシル 185F」の特長は”アクション”と”飛距離”と”リアルな見た目”。

 

平均飛距離55.9m

安定した飛行姿勢で、抵抗の大きいボディサイズながら優れた飛距離を実現。

ベイトタックルでの平均飛距離は55.9m。遠くの竿抜けスポットを難なく攻略可能。

 

カップスリットと軽量ラトルによって高アピール

ボディ前方についたカップスリットにより、飛沫を上げながらクイックなダートアクションを発生。

飛沫が発生することで軌跡に気泡が残り、水中から水面を見上げた際の存在感はバツグン。シルエットもぼかしてくれるため、魚からルアーを“見切られづらく”する効果も。

 

また、ボディ内部には小さな波の動きでも鳴り響くよう、軽量ラトルを採用。

アクション時は広範囲に鳴り響き、止めた瞬間は変わる浮き姿勢に合わせてラトルが鳴ることで、ルアーに生命感を演出。

 

狂鱗・強鱗ホログラムの採用

本当のリアリズムを追い求めて開発された、シマノオリジナル鱗模様のホログラム「狂鱗」と、狂鱗の鱗の大きさを強調し、アピール力を強めたホログラム「強鱗」が採用。

アクション中はもちろん、“止めて”もアピールが可能。

※001、003、004、008のみに強鱗を採用

 

出典:シマノ公式「エクスセンス コノシロペンシル 185F」詳細ページ

 

1 / 2
次へ