ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ZPIプロスタッフ伊藤雄大が解説!ラバージグ最強の相棒 !ポーク」はじめてみませんか?

寄稿:伊藤 雄大

みなさんこんにちは、ZPIの伊藤雄大です。

ランカーキラーという言葉をご存知でしょうか?

バスフィッシングではランカー(大物)を釣るのに有効なルアーをこの名前で呼びます。

その一つとして古くからアングラーに愛されてきたルアーがジグ&ポークです。

ポークって何?

ポークはその名の通り、豚の皮を加工して作られたルアーです。

天然素材の柔らかい動きと、脂肪分による浮力が織りなす独特なアクションはポークならではと言えます。

河口湖や芦ノ湖など、ワーム禁止の湖ではワームの代替品としても活躍してくれますね。

ジグトレーラーとしてもバッチリ

ジグ&ポークとは、ラバージグにトレーラーとしてポークルアーをセットしたものです。

ラバーとポークのボリュームによるパワーの強さがキモ

ラバージグはラバーの複雑な動きによってバスに見切られづらく、ランカーの確率が高いルアーです。

そこに艶めかしい動きを持つポークルアーをセットすることでさらに魅力的な動きを演出可能になります。

どちらもボリューム感があり、人間の食べ物に例えるとカツカレーのような感じですね(笑)

大きな体を維持するために多くのカロリーを欲しているビッグバスにはこのボリューム感が強烈に効きます。

ジグ&ポークの出しドコロ

カバー撃ちで使われることが多いルアーですが、ナチュラルなアクションによってオープンエリアのバスにも効きます。

近年メジャーテクニックになった「ジグスト」との相性も良好◎

季節的にも一年中有効ですが、特に真価を発揮するのは他のルアーで釣りづらくなる晩秋~真冬。

困った時の頼れる存在で、雨後の濁りが残った状況ではルアーパワーのプラス面を活かし易いです。

濁りの中、中層スイミングに食った2600gのモンスター

乾燥には注意!!

ポークの最大の弱点は長時間放置すると干からびてしまうところ。

使わないタイミングでは容器の塩水の中に戻すか、時々水に浸けてやる必要があります。

特にボートの釣りでは他のロッドで釣りをしている間に干からびないように気を付けましょう。

使わないタイミングは容器に収納

形状は2タイプを使い分け

私はスタンダードなチャンクタイプとカーリータイプを好んで使います。

カバー直下やボトムでポーズ時のバイトを誘うならチャンク。

フォール時のアピールを演出したければカーリーと使い分けます。

上がチャンク、下がカーリー

使用ジグ&ポークとタックル例

フィネスアプローチ用

ジグ:カバークリーパー5.8g(エバーグリーン)

ポーク:ピッグダディjr(釣り吉ホルモン)

ロッド:アルカンセV68MH

リール:アルカンセRG-C XS

ライン:アブソルートAAA 14ポンド

オカッパリでも使いやすいサイズ

オープンエリアでのスイミングにも使いやすいMHパワーのロッド

フォールでのバイト狙い

ジグ:ガンタージグ1/2oz(ノリーズ)

ポーク:フリッカーレッグツイン(デプス)

ロッド:アルカンセJW70H

リール:アルカンセ XS

ライン:アブソルートAAA 20ポンド

フォール時のバタバタしたアクションが優秀

ヘビーカバー撃ち

ジグ:フラットバックジグ1/2oz(デプス)

ポーク:ピッグダディ(釣り吉ホルモン)

ロッド:アルカンセHC75XH

リール:アルカンセXS

ライン:アブソルートAAA 20ポンド

チャンクタイプはステイ時のバイトが多い

シリーズ最強モデルHC75XH 2020秋デビュー

取り扱いにちょっと手間の掛かるポークですが、その実力は折り紙付き。

使いこなせばきっとランカーと出会えるはずです。試してみてください(^▽^)/

ZPI公式YouTubeチャンネルで最新動画を続々公開!

イイネ&チャンネル登録お願いしますm(_ _m)

水温一桁のリザーバー。ジグ&ポークでランカー出現

オールラウンダー!万能ロッドV68MH

伊藤 雄大(Yudai Ito) プロフィール

オフィスZPI所属。アルカンセロッド&リールを駆使し、ハードルアーのみ使用可能なバストーナメントH-1グランプリ2019では参戦初年度から年間ランキング3位を獲得。エリアフィッシングでは絶対王者の異名を持ち、そこで培ったレンジコントロールを武器に様々な魚種を追いかけるプロアングラー。

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。