ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スレ難いアクションが魅力】秋の巻きモノにはコレ!O.S.P「タイニーブリッツDR」が絶好調

寄稿:見上 祥太

皆さん! こんにちは。O.S.Pスタッフの見上 祥太です。

日中も涼しくなり、いよいよ秋本番! 巻きモノのシーズンがやってきました。巻きモノも色々種類があり、どれを使うか迷いがち。

そこで、今回は私がオススメするO.S.Pルアーをご紹介!

見上 祥太(Shota Mikami) プロフィール

ホームフィールドは(鹿児島県)大隅湖(宮崎県)野尻湖等の南九州のフィールドを中心に、JBトーナメントでは北部九州フィールドまで足を運び参戦中。 鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に努める。 サンラインBASSテスター、O.S.Pプロスタッフ

 

これから秋に活躍! 「タイニーブリッツDR」

今シーズンの野尻湖は、特に「タイニーブリッツDR」【O.S.P】が絶好調。

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
45.0mm 6.7g フローティング フロント#8 リア #8 19 1,400円(税抜)

O.S.P公式「タイニーブリッツDR」詳細ページはこちら

 

ここ最近だと水通しの良い岬周りやアウトサイドベンドの3~4mレンジが効いています。

タイニーブリッツDR」を使い始めてから数年経ちますが、フィールドやボート・オカッパリ問わず非常に出し所の多い汎用性の高いクランクベイトだと感じております。

 

例えば、ピッチの速いタイトウォブルでハイシーズンは巻きスピードを速くすることにより沖の回遊バスにも対応でき、長いリップで立ち木やスタンプのトレースも上手くかわしてバイトに持ち込むことが可能です。

 

スクールに当たれば、スレ難いアクションなので「タイニーブリッツDR」だけで連発することも。

かなり使いやすい部類のクランベイトです。

今から秋の巻き物シーズンでも活躍すると思いますので、是非「タイニーブリッツDR」を使ってみて下さいね!

 

タックルデータ

ロッド:ベイトロッド Mパワーのグラス素材

リール:ベイトリール 5.7:1

ライン:フロロカーボンライン 12Lb

ルアー:タイニーブリッツDR(エメラルドブルークロー)

 

タイニーブリッツDR」の”エメラルドブルークロー”は2020年9月に登場したNEWカラー! 濁った時やローライト、春のスポーニングシーズン等でオススメです。是非カラーローテーションに加えてみて下さい。

 

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。