ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ルナキアの「58」で居食いや違和感のバイトが明確に!

少し前に天龍の人気ライトゲームロッド「ルナキア」にショートレングスの「53」が加わるとお伝えしました(発売時期など詳細は未定)。

【天龍のルナキアに追加機種が!?】完成間近のショートレングス「53」がイイ感じだった

そこでご紹介の通り、天龍フィールドテスター蔵野雅章さんがルナキア53で尺を含むアジをキャッチしてくれたわけです。

もちろん使用ロッドは53だけではありません。実釣にて駆使したのはルナキアの58(LK582S-LS)と63(LK632S-LMLS)。

今回は58の魅力を改めてお伝えしたいと思います。

ルナキアLK582S-LS

ルナキアLK582S-LSのスペックは以下の通り。

LENGTH
(ft)
アクション ルアーウエイト(g) ライン(lb) PE (号) 自重(g) 価格
1.72[5’8″] EXF MAX2 MAX2.5 MAX0.3 52 ¥35,000

天龍公式 ルナキア詳細ページはこちら

追加予定の53を除く現行モデルでは、最もショートレングスの58。

超繊細なカーボンソリッドティップを搭載し、海中の情報が非常に分かりやすい機種。

居食いバイトが取れる

1g前後のジグ単では、特にこの機種の操作性と感度を堪能できるかと思います。

そして、「分かりづらいアタリが取れる」のが特徴的で、小さなアタリを掛けていくにはもちろん、小さなアタリより小さなアタリ(笑)を伝達して聞きアワせるように食わせることができるロッド。

具体的には居食い系のバイトが非常に分かりやすい。

ボトム付近で、例えばゴカイなどを食べて「コツン」というよりティップがわずかにフッと戻るような、そんなアタリを感じ取ることができ、また聞きアワセでかけていける調子。

操作している時はシャキッとした感覚なのですが、実際に掛けるとスムーズにカーブを描くブランクスで良型でも無理せずジワリと浮かせてくれます。

また、その感度の高さから、潮に乗せながら中層の小アジを避けてひとつ深いレンジにいるサイズアップのアジを狙うこともやりやすいと蔵野さん。

例えばオーソドックスにあらゆるフィールドでジグ単を使って掛けていく釣りであれば、LK632S-LMLSの方が扱いやすい。

ただ、居食いなど違和感程度のバイトを感じ取りたいなら58には心強いですよ!

 

参考タックルバランス

リール:160g以下

ジグヘッド単体(1g以下)
モノフィラ(1~3lb)、リーダー(フロロ3~5lb)

スプリットショットリグ(~2g)
モノフィラ(1~3lb)、リーダー(フロロ3~5lb)

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。