ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏から秋への季節の変わり目で効く攻め、効くルアーは?

寄稿:一 拓也

こんにちは! 一 拓也(はじめたくや)です。

徐々に涼しくなってきて、夏から秋に季節が移行中といった感じ。
今回は、そんな中での釣りで、僕が気をつけていることをご紹介してみます!

一 拓也(Takuya Hajime) プロフィール

大阪市内を流れる淀川(よどがわ)がホームグラウンド。淀川以外にも、気になる野池や川などをヒマさえあればランガンチェックするのが日課なオカッパリ好きアングラー。

 

夏から秋に、季節が移行中の中で、オススメの釣りをご紹介

私を含めて人間って、秋っぽくなると、もろに秋を意識しだしがちですが、水の中、そして魚が感じる季節感は少し違うような気がします。なので、その人と魚の季節感の違いの差を近づけていくのが、この時期のキモだと思っています。

そんな中で、ボクが実践している釣りなのが…。

 

水温が下がったタイミングでは横の釣りがオススメ

もし今まで水温が高かった釣り場で雨が降り、水温が下がったタイミングであれば、横の釣りがかなり効いて、サイズアップが出来ています。

 

オススメ巻きモノ「イガジグチャター」

そんなタイミングで結果がでているのが特殊チャター「イガジグチャター(ジャクソン)」!
このチャターは横の強い動きも、速さも兼ね備えてるので、濁った瞬間などは効果抜群なので、ぜひ試してみてほしいです。

秋に釣れるルアー!イガジグチャターをおすすめします!

出典:YouTube「はじめちゃんねる」

 

夏の攻めも忘れずに!

朝の気温が下がってきているので、なんとなく、1日巻きモノで勝負したくなりますが、まだまだ日中は、日差しも強く、水温的にも高めなエリアも多いはずです。当然、夏を意識した釣りが効くことが多かったりします。

具体的にいうと…影が濃く、風や流れがありそうな所には、ゆっくりバックスライドで入れ込んだり、ラバージグ撃ちが効くことも多いです!
リザーバーなどでは夏の定番攻め「垂直岩盤フォール」などがオススメですし、野池では、インレット攻めが効いたりしますので、忘れずに!

あと、バスが食べているエサがワカサギなどベイトフィッシュならミドストも良く釣れるので、ぜひ試して下さい!

以上、ボクがこの季節の変わり目で実践している釣りをご紹介させていただきました。
夏と秋の攻めをミックスしていい釣りを楽しんでくださいね!