ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍のレッドフリップ・リアクション-テンヤにパワーモデル登場!ティップとバットのバランスで大型真鯛も攻略可能!

出典:天龍公式レッドフリップ リアクション-テンヤ詳細ページ

2020年、テンリュウのレッドフリップ リアクション-テンヤに追加機種が登場しました。

機種はRF2342S-HS、8:2調子・ソリッドティップタイプのロッドです。

レングスは234(2.34m)で、ロッドのパワーはHと強いバットが特徴になります。

今回は追加されたRF2342S-HSについてリアクションテンヤの特徴に触れながら解説していきます。

シリーズネームにもなっているリアクションテンヤとは?

出典:天龍公式スタッフブログ詳細ページ

まず、ロッドの解説の前に、シリーズネームにもなっている「リアクションテンヤ」について軽くお話していきます。

そもそも一つテンヤとリアクションテンヤの違いについてですが、まずひとつテンヤに関してはエビのエサやにおい付きワームなどを使用し、魚の食性をメインにアプローチしていく釣法です。

このアプローチはよりナチュラルに漂わせてエサ(ワーム)を演出するのがカギになります。

出典:天龍公式スタッフブログ詳細ページ

それに対しリアクションテンヤはその名の通り、リアクションで食わせる釣法です。

もちろん、エサ・ワームをセットしながらになりますが、使用するウエイトは重いものを使用し、アングラー側からアクションで仕掛けて、その反射(リアクション)で食わせるというもの。

大まかで言えば、ナチュラルで誘うか、アクションで掛けるかといった違いになります。

リアクションテンヤを攻略する繊細なティップと強いバットのバランス

リアクションテンヤはエギングのようにテンヤをはね上げて狙うため、シャクリにはロッドのハリが重要になります。

しかし、ハリばかりが強く、ロッドが硬すぎてもアタリが分からなくなってしまうため、ティップとのバランスが非常に重要になります。

このRF2342S-HSはティップがソリッドで軽量テンヤでも着底感を損なわず、繊細なアタリに対してもしっかりキャッチが可能。

ベリー部分にも強めのハリを持たせ、メリハリの有るリアクションテンヤを可能にした設計になっています。

また大物のマダイが掛かっても主導権を握らせないハードなバットになっているのも魅力です。

アンダーキャストにも対応したレングス

レングスは234(2.34m)とこれまでのシリーズと同様で、バーチカルでの誘いだけでなく、アンダーハンドでキャストし多角的な誘いも可能となっています。

バットのパワーを活かしながら深場や潮流の早いエリアに潜む大型のマダイにも対応ができるパワーモデルです。

RF2342S-HSのスペック

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(号)
PE(号) REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON /GLASS
(%)
TYPE
2.34 2 8:2 121 5~20

(MAX80g)

MAX1.2 375 115 95/5 Spinning

天龍公式レッドフリップ リアクション-テンヤ詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。