ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【3名のプロスタッフに訊く】メガバス「礁楽」4種のNEWワームについて

「礁楽」

威風堂々、匠の釣り。礁楽が日本の釣りを変える。

 

ついにそのベールを脱いだメガバスの礁楽ブランド。

礁楽は、根魚を中心としたロックショアゲームとボートゲーム、そしてアジ・メバル・チヌなどをメインとしたライトゲームといった、メガバスのライトSW系アイテムのブランド。

それぞれのジャンルに精通するプロスタッフ監修のもと、新しく生み出されたワームとロッドがこの秋に登場となります。

そこで今回は、ワームのメインテストをおこなった3名のプロスタッフに、それぞれのワームの特長や使い方などを聞いてみました!

 

プロスタッフ:大塚 涼奨

大塚 涼奨(Otsuka Ryosuke) プロフィール

地元宮城を軸に日本各地へ大好きなロックフィッシュを求めて釣り歩く。根魚以外でも興味をもった生き物のためなら日本全国海外までどこまでも。トレードマークは黒いタオル。 1991年生まれ、宮城県在住メガバススタッフ。
ハゼドンシャッドSW

ハゼドンシャッドSWはいわば「超オールマイティリアル系シャッドテールワーム」。

フィッシュイーターならなんでもござれ…と言えるほどの実績を持つ激釣れシャッドテールワームです。

メガバス公式「ハゼドンシャッドSW」詳細ページはこちら

 

実は元々はバス用に開発されたワーム、でも私はずーっとソルトでも使っていまして。今回礁楽の再始動とともに製品化いたしました。

最大の特長は、まずアイが標準装備されているリアルな顔立ちとシルエット。そしてありそうであまり無い?縦扁平ボディによる明滅効果。これがもう絶品。

ワーム自体のアクションは、基本的にはテールを横に振るウォブルアクションですが、任意でのシェイクアクションや潮や流れの変化でロールに変化しバイトを誘発してくれます。

 

使用方法はジグヘッドリグはもちろん、本来縦扁平ボディでは使いにくいオフセットフックもボディ腹側にスリットを設け、さらに腹側にのみソルトイン素材を使用してあるのでフッキングと泳ぎの安定性も抜群。

超軽量ジグヘッド~テキサスリグまで全くストレスなく使え、あらゆる魚種に対応するまさにオールマイティベイトとなっています。

 

ケムリカーリー

ロックフィッシュ、フラットフィッシュをメインターゲットに開発されたカーリーテールワーム。

メガバス公式「ケムリカーリー」詳細ページはこちら

 

硬めの肉厚テールがパタパタパタッとしっかりと水を叩いて魚にアピール。ただ単に水を受け流し、ピロピロピロと動く従来のカーリーテールとはまた違ったアピールを生み出してくれるのが特長です。

また、ボディマテリアルは少し硬めに設定してあるので、超遠投や根掛かりの多い岩礁帯で使用してもズレないし壊れずらい。この手返しの良さのメリットはかなり大きいです。

 

遠投性の良さを活かしてサーチベイトとして。かつ、スローアクションでも艶かしくテールが動いてくるので点の釣りやフィネスな使い方でもOKです。

サイズ展開も3サイズあり、メバルやカサゴ~大型ロックフィッシュやヒラメまで狙えるラインナップになっております。

 

1 / 2
次へ