ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スーパーワイドギャップによりフッキング率アップ!ラグゼのバスフック「セオライズSWG」シリーズ

ラグゼのバスフック、「セオライズ」シリーズから今回ピックアップするのは「SWG」。

SWGはスーパー・ワイド・ギャップの頭文字。ショートネック&ショートスロートによるワイドギャップによる口の奥でのフッキングが魅力のフックです。

そんなセオライズSWGには、「セオライズオフセットSWG-M」と、そのウエイテッドフック版となる「セオライズSWG-Mウェイテッド」があります

スーパーワイドギャップのメリット

コンセプトは前回出ていた オフセットWG-Mと同様、ショートネック&ショートスロートによるワイドギャップによる口の奥でのフッキングです。

まずショートネックショートスロートについてお話していきます。

まず、それぞれの箇所について。

ショートネックとはアイから曲がる箇所のネックまでの構造が短いことを指し、ショートスロートとは針先のポイントからの長さが短いことを指します。

ショートネックとショートスロートが組み合わさることで、フッキングのパワーが針先のポイントまで伝わり貫通力があがるメリットが挙げられます。

ざっくり言ってしまうと、フッキングの方向に対しフックポイントへの力の伝導をより短く、最短にすることで、分散を抑えて貫通しやすくするということです。

ちなみにSWGのGの意味するギャップの意味するものはフックのふところの深さです。

オフセットの弱点を解消

オフセットフックを使用していると、フッキング時に刺さらずにすっぽ抜けてしまうことがあったかと思います。

オフセットの弱点、それはラインが引っ張られる角度に対して針先が向いている角度が浅いためフッキングせずに抜けてしまうところにあります。

つまり、ギャップの浅さです。

このセオライズ SWG-Mシリーズはそんなオフセットフックの弱点を克服するワイドギャップ設計になっています。

より分かりやすく説明すると、ワイドになることでになること角度がつき、より深い位置でフックが飛び出し刺さるようになっています。オフセットフックでありがちなバイトしてからのすっぽ抜けを防ぐ効果があります。

セオライズ オフセット SWG-M

出典:がまかつ・ラグゼ

非常に汎用性の高いセオライズ オフセット SWG-M。

前述した通り、スーパーワイドギャップ)仕様により、フッキング率の高さとシャッド系やクロウ系、バックスライド系など様々なタイプのワームに対応できるのが魅力です。

出典:がまかつ・ラグゼ

サイズ 本数
#1 6本
1/0 6本
2/0 6本
3/0 5本
4/0 5本
5/0 5本
6/0 4本

詳細はこちら

セオライズ SWG-M ウェイテッド

出典:がまかつ・ラグゼ

ノーシンカーでシャッドテールワームなどスイム系を使用する場合、レンジキープが難しくなります。

このウェイテッドはフックにシンカーが配置されているので、ノーシンカーでのレンジよりさらにもう一段下の層を攻略することが可能。

フォールも水平姿勢を保てる設計になっているので、キャストからのレンジカウントなどフォール中でのバイトも誘いやすいようになっています。出典:がまかつ・ラグゼ

フック ウエイト
3/0 2.6g
4/0 2.6g
5/0 3.5g
6/0 3.5g

詳細はこちら

セオライズ関連動画

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。