ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

デュオのビーチウォーカーからマゴチ攻略設計ルアー「ジャンゴ」が登場!背面のフックアイで根掛かり回避しながら攻略可能!

マゴチは年中通して楽しめるルアーフィッシュです。

冬のシーズンでも条件が揃えば狙いやすく、サーフエリアでは非常に人気の高い魚として知られています。

そんなマゴチ専用に設計されたルアーがDUOのビーチウォーカーから登場しました。

その名も「ジャンゴ」

フックアイの位置が腹部と背面に設置しており、サーフエリアで根掛かりしにくく、かつボトムをずる引きして誘える、まさにフラットフィッシュ系に強いルアーです!

マゴチ攻略設計「ジャンゴ」

出典:デュオ

ジャンゴは前述した通り、背面と腹部にそれぞれフックアイを設置しています。

マゴチやヒラメなどボトムを攻める場合はフックを背面に取付け、よりダイレクトにアプローチすることが可能となります。

ベースは同じくビーチウォーカーのハウルをベースに設計しながらも、ヘッド形状はハウルヘッドに比べ扁平形状となっているため、ハウルよりもスローにリトリーブすることが可能となっています。

出典:デュオ

特にマゴチの場合はボトムよりやや上のレンジのベイトに対してバイトすることが多く、アタリも真下からすくい上げるような感じの強い掛かり方をしてきます。

マゴチはヒラメに比べても回遊性や遊泳力は少なく、レンジもボトムから1~1.5m前後がカギになってきます。

つまり丁寧なアプローチがマゴチを狙ううえで重要になります。

3インチコンパクトボディサイドにはフィンを設置

出典:デュオ

3インチコンパクトボディサイドにはフィンが設置されています。

これはテールの動きから連動発生するボディのロールアクションを抑える役割とフォール時間を長く取れるスライドフォールが可能となり、フォール中のバイトチャンスを増やすことが出来るようになっています。

ジャンゴを活かすアクション!

出典:デュオ

ジャンゴは基本、タダ巻きでも十分に誘えますが、フィールドコンディションやマゴチの活性に合わせてアクションを使い分けることでより効果的にアプローチが行えます。

また、フックの位置もそれに合わせてセッティングするといいでしょう。

広範囲をテンポよくサーチする場合はボトムずる引き!

マゴチが探す場合は広範囲にテンポよくキャストしていくのが一番効率的です。

そんなときはフックを背面に取付け、ボトムのズル引きをしながら誘うのがオススメ!

低重心のためボトムを滑るようにサーチすることが可能です。

活性が低い場合はスローリトリーブ

マゴチの活性が低く、アタリはあるがなかなか掛からない、そんなときはスローに誘いましょう。

ボトムを滑るように、ゆっくりとルアーが泳ぐので活性が低いマゴチでも追いやすくなります。

リアクションで食わせるときはリフト&フォール

マゴチを誘う基本的なアクションですが、リフト&フォールは有効です。

ハウルに比べてフォールスピードがスローなので、フォールアクションは非常に効果的。

タダ巻きと併せて使うことでバイトチャンスも増やすことが可能です。

水中アクション映像はDUOの公式YouTubeチャンネルでも公開されていますのでぜひチェックしてみてください。

ジャンゴのスペック

出典:デュオ

Model Length Weight Hook Collar Price
ジャンゴ14g 4インチ

(ボディは3インチ)

14g トレブルフック #7 8 ¥890
ジャンゴ21g 4インチ

(ボディは3インチ)

21g トレブルフック #7 8 ¥890

詳細はこちら