ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ノリーズプロスタッフ津輕辰彦が解説!ジョイントフカベイト、ウッド版と何が違う?

寄稿:津輕 辰彦

まだまだ暑い日が続きますが、やはりお盆をすぎると朝夕は心地よい風を感じることもあり、水中は確実に秋の気配を感じ取っているのではないかと思う今日このごろです。

さて、今回はフカベイトのニューバリエーション、ジョイントフカベイトについて考察したいと思います。

ジョイントフカベイトの特徴①~プラスチック製である~

プラスチック製のジョイントフカベイト

出典:ノリーズ

フカベイトウッド製のプラグでしたが、ジョイントフカベイトプラスチック製です。

カラーバリエーションも豊富になり、量産が可能なため、ウッド版と比べて手にしやすい価格になりました。

ウッド製のフカベイト

出典:ノリーズ

以前、田辺さんから話を伺った際には、「プラスチックでフカベイトのフカフカアクションを出すために試行錯誤した結果、ジョイント仕様となった」と聞いており、コンセプトは本家フカベイトと同じです。

プラスチック製になったものの、重量のあるプラグですので、岩盤などへのキャストはやや気を使います。ウッド版の場合は使い込んでいくうちに塗装が剥がれて水が染みてしまうことがありましたが、プラスチック版の場合はその心配はありません。

その分、ミスキャストによる割れに注意したいところです。

ジョイントフカベイトの特徴②~ウッド版より(若干)速く引ける~

先日ジョイントフカベイトのスイムテストをしてきました。

亀山ダムロコのノリーズプロスタッフ城ノ上さんから聞いていた通り、プラスチック版の方が若干速く引いてもフカフカアクションが出ます。

フカフカシステム: リトリーブするとブレードが回転せずに左右へ大きくスイングし、ブレードの重さと慣性によってボディを水中へ沈ませようとするチカラが生まれ、“フカフカ”アクションを発生させます。

ただ、ウッド版のリトリーブスピードがかなりのスローリトリーブであるため、それよりも若干速いとはいえ、プラスチック版の推奨スピードもなかなかのスローです。

リトリーブスピードが若干上げられるということは、エレキで流す釣りがしやすくなるということです。

ウッド版は完全にエレキをステイ、もしくは惰性により微速で流すなど、かなりスローな釣りになりましたが、プラスチック版は釣りの展開を早めることができそうです。

ただ、ボディ全体でフカフカ波紋を出すウッド版に対し、ボディの後ろ半分で波紋を出すプラスチック版は多少パワーが弱い感じがしますので、しっかりと魚を呼びたい特はウッド版が良いと思います。

↓リトリーブスピードに関してはこちらのブログ記事も参考にしてみてください!

https://garutsu.pro/archives/2745

フェザーフックはアリかナシか

フックをフェザーフックに変更する方も多いようです。

前後フェザー仕様のジョイントフカベイトも引いてみたのですが、フェザー抵抗によりジョイント後ろ側ボディの縦揺れが抑制されてしまい、丸い波紋が出にくくなる印象を受けました。

動きが抑えられ、ローインパクトになることにより得られるバイトもあると思いますが、フカベイト本来のフカフカアクションによる丸い波紋が弱くなってしまうため、私は取り替えるならフロントフックのみをフェザー仕様にすることをオススメします!

スペックで見るフカベイトとジョイントフカベイトの違い

上:フカベイト 下:ジョイントフカベイト

Model Type Depth Length Weight Collar Price
FUKA BAIT Floating Surface 122mm 35g 3 ¥6,800
JOINT FUKA BAIT Floating Surface 127mm 44g 8 ¥3,200

フカベイトの詳細はこちら

ジョイントフカベイトの詳細はこちら

津輕 辰彦(Tatsuhiko Tsugaru) プロフィール

津輕辰彦(つがるたつひこ)…1986年生まれ。プライベートでもハードベイトしか投げないハードベイター。特にスピナーベイトを得意とし、H-1グランプリではマスターズカップを2勝している。通称ガルツー。スポンサー:ノリーズ、アザーセルフ、ハヤブサ、フィッシングガレージブラック

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。