ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【濁りに強い】チャターベイトで雨を味方に付けよう

寄稿:伊藤 雄大

みなさんこんにちは。ZPIプロアングラーの伊藤雄大です。

釣れていたはずのライトリグが効かない…。アテにしていた見えバスが見えない…。

台風やゲリラ豪雨の翌日などは、強い濁りによってこんな状況に陥りがちです。

そんなピンチをチャンスに変えるのがチャターベイト。

今回は濁り対策として抜群の効果を発揮するチャターベイトを紹介していきます。

チャターベイトとは?

ラバージグにブレードが付いたルアー構成です。

リトリーブによってブレードが水を受け左右に振動。

その振動がジグ部分に伝わりルアー全体がビリビリ震えるアクションが持ち味です。

トレーラーワームを装着して使う

チャターベイトはZ-MANというルアーブランドの商品名なので、ブレードジグもしくはブレーデッドジグという呼び名が正しいようですが、国内でもすっかりチャターベイトの名称が浸透しているので、この記事内ではチャターベイト(チャター)と呼ばせていただきます。

チャターの特長

引っ掛かりが少ないのもメリット。写真はこぼれ岩の上を通して食わせたグッドサイズ

チャターの特長を挙げてみると…

速いリトリーブに対応

激しいビリビリアクションでありながら、水の抵抗が強過ぎないので高速リトリーブに対応。広い範囲を素早くサーチしていけます。

ハイアピールかつ生命感のあるアクション

ブレードの振動&フラッシングとスカートやトレーラーワームの揺らめきにより、ハイアピールながらもバスに口を使わせるナチュラル感も兼ね備えています。

根掛りしにくい

シングルフックなので障害物に強く、引っ掛かりにくいです。積極的に障害物にコンタクトさせていけるルアーです。

チャターの出しドコロ

雨による濁りが入り、その濁りがなくなって通常の水色に戻るまでの間がチャンス。

濁りが入るレベルの雨では大抵のケースで流れも発生すると思います。

流れが発生するとバスも泳ぎ回ってエサを探す傾向が強く、こんな状況ではチャターのハイスピード&ハイアピールという特長が活きてきます。

雨による濁りが入ったらチャターの出番

リールはハイギアがベスト

「巻き物はローギア」よく言われるセオリーですね。クランクやスピナーベイトを巻く場面ではトルクがあり、一定スピードで巻きやすいローギアが有利です。

そんな中、チャターは数少ないハイギアと相性の良い巻き物といえます。

テンポの良い高速リトリーブでもハンドル操作が忙しくなりにくく、チャター特有のラインがフワッと緩むような勢いの有るバイトにも対応しやすくなります。

ハイギアリールでテンポよく巻いてズドン!!

アルカンセリールであればギア比7.3:1のHS(ハイスピード)がチャターにベストマッチ。

私はワームやフロッグ等の撃ち物系タックルをチャターにも使うので、8.1:1のXS(エクストラハイスピード)でやっています。

XSまでスピードを上げるとさすがに少し巻き抵抗が重く感じますが、十分許容できる範囲内です。

タックル数を絞りたい場面ではこれもアリだと思います。

ロッドとラインの組み合わせがキモ!2通りのセッティング

そしてチャターを扱う上で、ロッドとラインの組み合わせがキモとなります。

2通りのセッティングを説明したいと思います。

セッティング①

ロッド:アルカンセFM66M
リール:アルカンセRG-C XS
ライン:怪魚PE Si-x 3号(直結)

曲がるロッドにPEを組み合わせた攻撃的セッティング

雨上がりの一匹

流れてくる草やゴミが多かったり、ウィードエリアを釣る場面ではPEライン直結のこちらのタックルを使います。

PEの伸びの少なさを利用してルアーにまとわりついたウィード等をスパッと切ってかわしていくセッティング。

ショートキャストでガツガツ攻めていくイメージです。

ロッドにレギュラーテーパーのFM66Mを使うことで「逃げ」を作り、咄嗟のバイトも弾かずにキッチリとフッキングしていけます。

バズベイトや野良ネズミマグナム、コンパクトフロッグもこのタックルがベストで、ハイシーズンには欠かせないセッティングになります。

セッティング②

ロッド:アルカンセV68MH(プロト)
リール:アルカンセRG-C XS
ライン:アブソルートAAA 14lb

クリアなフィールドで出番の多い組み合わせ

水質が回復し、バスとの距離を取ってアプローチする場面ではコチラのタックル。

飛距離を出しやすい様にロッドパワーをワンランク上げます。レギュラーファーストテーパーのV68MHにフロロを組み合わせることにより、勢いのあるバイトからグゥーっともたれるようなバイトまで幅広く対応できます。

ジグ撃ち、バックスライド、テキサス、ヘビキャロなどのワームフィッシング全般にも使えるので一年中出番が多いタックルです。

オススメチャター&トレーラーワーム3選

オススメチャターとトレーラーワームを紹介します。

フラチャット1/2oz(ノリーズ)&サンショウウオ(ゲーリーインターナショナル)

障害物回避能力が高く、スルリとすり抜けてくれる

引っ掛かりにくさ最強のセッティングです。シビアな状況でややスローに誘う時に使います。とにかく引っ掛かりにくいので、オカッパリアングラーにもオススメ。

 

ジャックハンマー3/8oz(エバーグリーン)&デスアダー5インチ(デプス)

定番のコンビ。オールマイティに使用可能

ピッチの細かいキビキビアクションで、状況を選ばすいつでも使える黄金コンビ。

チャター展開は大体これからスタートして、状況を見ながらローテしていきます。

 

Bカスタムチャター1/2oz(デプス)&デスアダー6インチ(デプス)

濁ったらコレ!

シルエット、バイブレーションともに強い組み合わせ。

台風後の濁りのキツイ状況では独壇場になることもあり、爆発力抜群です。

youtube ZPI公式チャンネルで最新動画を続々公開!

ZPI公式チャンネルで最新動画を配信しております。イイね&チャンネル登録お願いします!

アルカンセロッドV68MH

永久保存版 ベイトリールのギア比選び方

伊藤 雄大(Yudai Ito) プロフィール

オフィスZPI所属。アルカンセロッド&リールを駆使し、ハードルアーのみ使用可能なバストーナメントH-1グランプリ2019では参戦初年度から年間ランキング3位を獲得。エリアフィッシングでは絶対王者の異名を持ち、そこで培ったレンジコントロールを武器に様々な魚種を追いかけるプロアングラー。

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。