ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

楽しく美味しいイカメタル! 家族で夏の夜遊びにもオススメですよ

寄稿:川畑 篤孝

こんにちは、ゴーセンスタッフの川畑です。

私は四国に住んでいますが、梅雨~夏の時期は毎週日本海で釣りをしています。

ここ数年ブームになっているイカメタルゲームです。

楽しく美味しいイカメタル

余談ですが私、自営業で飲食店をやっておりまして「店長が釣ってきたイカの刺身、鉄板焼き」というメニューを置いています。それがお客様に好評なんです。

そう、この時期は趣味と実益を兼ねた釣りをしているわけですね。

ヒットレンジやヒットパターンがコロコロと変わり、繊細なアタリを取っていかなくては釣果が伸びないイカメタルは攻略も楽しく一度経験したら、どんなアングラーもイカメタルの虜です。

さらにトップシーズンになるとアタリも多く、女性や子供でもそれなりの釣果が見込めるのが近年のブームの要因になっていると思われます。

何より食べて美味しい!

私は釣り仲間はもちろんのこと、家族で釣行(特に下の娘と)することもしばしばです。

日頃、家族とコミュニケーションをとれていないお父さんアングラーにはぜひともオススメです。夏でも日焼けしない夜の釣りなので大人の夜遊び感覚で女性でも釣りに誘えますよ。

タックルセレクト

そんな私のタックルは基本に忠実にメタルとオモリグの2種類をいつも用意しています。

メインラインはどのタックルもダイバーX8の0.6号、ショックリーダーはフロロファイタールーツXの3号。このスタイルは変わりません。

ダイバーX8

【ダイバーX8詳細ページはこちら

フロロファイタールーツX

【フロロファイタールーツX詳細ページはこちら

イカメタルに0.6号は太いんじゃないかと思われがちですが、日本海は潮の速さによって重りのセッティングも変わります。時には水深100m近くのディープに50号以上の重りを使うときもあるのです。

それなりの強度も考えると0.6号がオールマイティに使える号数と思っています。

ちなみに今までラインブレイクは一度もありませんし、不具合を感じたこともありません。

ダイバーX8はクッキリした色分けでラインの視認性も抜群、レンジの調整が大事なイカメタルに置いて信頼できる強力な武器となっています。

仕掛けは市販品の物はなかなか自分のスタイルに適している長さがないので、ショックリーダーと同様にフロロファイタールーツXを使用して手作りしています。

潮の速さによって現地で仕掛けを作ることもあります。

ちなみにイカメタルはフロロファイター3号、オモリグはラインの絡みを減らすために太めの4~5号を使用しています。

オモリグに関してはリーダーより仕掛けが太くアンバランスと思われがちですが、キャスト時のラインの抜けをスムーズにするためにこういう形になっています。

さて、釣果の方ですが毎週行ってるといい時にも渋い時にもあたります(笑)。

30パイの日があれば100パイ近く釣れる時もあるってことです。

まぁいい感じで釣りを楽しみ、仕入れができているので満足しています。

毎週の走行距離600kmが近く感じている自分がいます。距離感がバカになるほどおもしろい釣りということですね。

イカメタルタックル

ロッド:エバーグリーン・MSダンサー61、メジャークラフト・トリプルクロスTCX-S702H/NS

リール:シマノ・バルケッタ200HG、ダイワ・ルビアス3012

ライン:ゴーセン・ダイバーX8 0.6号

リーダー:ゴーセン・フロロファイタールーツX 3号

川畑 篤孝(Atsunori Kawabata) プロフィール

四国を中心に、フットワーク軽く関西圏の旬の釣り物を求めるお笑い系アングラー。ライトゲームからビッグゲームまでマルチにこなす。最近の悩みは老眼によりラインを結ぶのが苦手になってきたこととか…!?香川県在住。

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。