ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【バスタックルで手軽に楽しめる】東京湾ボートチニングでO.S.P「ドライブクローSW」(3in)が激ハマり!

寄稿:O.S.P営業スタッフ
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは、O.S.P営業スタッフの城島と申します。

前回のサバ・タチウオ釣行に引き続き、普段バス釣りばかりでソルトをほとんどやらないO.S.P社員が、バスタックルで再び東京湾に行って参りました。

 

東京湾で最近ブームのボトムチニングに挑戦!

今回狙う魚種は前回とは異なり、チヌ(クロダイ)とキビレ! 最近、東京湾で密かに盛り上がりを見せている、ボトムチニングというものを体験してきました。

今回もお世話になる船宿は、O.S.Pプロスタッフ遠藤正明プロが営む「アイランドクルーズ」さんです。

遠藤 正明(Masaaki Endo) プロフィール

「アイランドクルーズFC」の船長として日々ガイド業を営んでいる。 ビッグシーバスに対してルドラが有効なことに一早く着目し、シーバスにおけるルドラブームの火付け役となった。T.S.C.R(東京湾シーバスチャレンジ)ではルドラを駆使し、08年第3戦優勝、09年第3戦準優勝と強さを発揮。 シーバスのみならず、アイ・ウェーバーでの尺メバル釣法を始めとしたボートでの、ソルトルアーフィッシング全般に精通した定評高いプロガイド。

 

ボトムチニングとは?

そもそも、ボトムチニングとはどういった釣り方なのか?

主に使うルアーは、2in~4in程度のホッグ系やクロー系ワームを使用します。リグは、リーダーレスダウンショット、フリーリグ、テキサスリグなど。シンカーは潮の流れがあるので7g~28gを水深や流れの強さによって使い分けます。

水深は、1m~6m程の浅場。一度ルアーをボトムに着底させた後、ボトムバンピングやズル引きでアクションを加えていきます。

使うタックルはスピニングロッドでもベイトロッドでもOK! レングスは6ft後半から7ftくらいのMH~Hアクション。

リールはスピニングリールなら2500番。ラインはメインラインがPE1号~1.5号、リーダーはフロロカーボンライン14Lb~16Lb。

PEラインを使わず、フロロカーボンラインのみでもOKです。

太さは同じく14Lb~16Lbです。今回の釣行でもオールフロロカーボンラインのタックルでシッカリ釣果を出すことができましたよ。

ボトムチニングは、バスタックルで十分楽しむことができます。スピニングであれば、普段使用しているパワーフィネスタックル。

ベイトであれば、普段カバー撃ちやフットボールの釣りに使用しているタックルをそのまま持っていけば大丈夫。

リグに関しても普段バス釣りで使用しているシンカーより、少し重めのウエイトさえあれば、釣り方もバス釣りにとても似ているので、誰でも簡単に馴染むことができると思います。

 

いよいよ実釣!メインルアーはドライブクロー3inソルトカラー

この日の釣行は、午後便の13時出船。遠藤船長いわく潮回りとしてはイイ日とのこと。社員一同期待を膨らませ、いざ出船。

30分ほど船を走らせて着いたポイントは多摩川の河口付近。この日狙うレンジは浅くて1.8m、深くて3.6m。

風が強くて潮もまぁまぁ速く、釣り難い状況でした。

この日、メインで使用するルアーが「ドライブクローSW」(3in)【O.S.P】。

サイズ カラー 数量 本体価格
2in・3in・4in 7 10(2in)・7(3in)・6(4in) 770円(税抜)

O.S.P公式「ドライブクローSW」詳細ページはこちら

 

ドライブクローSW」は、現在7色のソルトカラーがラインアップされています。

サイズは主に2in、3in、4inがラインナップされていて、どのサイズもボトムチニングで使用可能となっていますが、今回使っているのは3inです。

ポイントに到着。風があり潮が速い為、シーアンカーを下ろし船を流しながら釣りをしていきます。

この日は、リーダーレスダウンショット、フリーリグ、テキサスリグを使用し、シンカーは21g~27gで攻めていきます。まず初めに釣り上げたのは、船長の遠藤プロ!

 

ナイスサイズのキビレ。「ドライブクローSW」(3in)(カモ)でした。

その後も、キビレを中心に釣果があがります。

 

サイズは小さいですが、チヌ(クロダイ)も1枚あがりました。

 

また、ゲストでマゴチも顔を見せてくれましたよ。

アタリは、「ゴンッ!」や「ゴゴゴンッ」といった明確な強いアタリ。

クロダイの硬い口に確実にかけるように強めにあわすことが大事になってきます。

この日は、アタリがあってもワームのボディまでくわえてなく、フッキングしないことも多かったです。

遠藤船長いわく、誘い方が速いとしっかりバイトしてこない為、少しアクションをゆっくりにすると良いとのことでした。

この日だけでも、誘い方や通すコースの違いによって明らかに釣果に差が出ました。

また、カラーもこの日は、カモと根魚レッドがダントツに反応が良く、オレンジなどの派手系や、少し透けるような色は反応が悪かったです。

日によって、良いアクションやカラー、またはリグなどがあるので、手軽とはいいながらも奥が深い釣りだと実感できました!

 

カモ

 

根魚レッド

 

この日は、「ドライブホッグ」【O.S.P】で1枚キビレが釣れ、それ以外は全て「ドライブクローSW」(3in)のみで楽しむことができました。

約5時間程の釣行でキビレが約15枚、チヌが1枚マゴチが2匹といった満足な釣果でした。

クロダイは引きも非常に強く、大きくなると40cmを超えるのでエキサイティングです。

釣り方もバス釣りに近い部分が多いので、皆様も是非一度、「ドライブクローSW」を持って、ボトムチニングゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この釣行の模様は、YouTubeの「O.S.Pチャンネル」にて近日公開される予定です!

実はこの日竿頭だった、スペシャルゲストがいます! 一体誰なのか…、動画をお楽しみに!

 

撮影協力

船宿:アイランドクルーズ

〒231-0801 神奈川県横浜市中区新山下3丁目6-19

お問い合わせ・ご予約:電話(090-1120-1100)

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。