ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【本場でも活躍】アメリカのトーナメンター「デビッドダッドリー」選手がO.S.Pのブリッツシリーズを駆使して7位を獲得!

2020年8月11~14日、オハイオ州Lake Erieで開催された”FLW Super Tournament”。

その大会にて7位を獲得したのが、アメリカの凄腕トーナメンター”David Dudley(デビッドダッドリー)”選手。

そんな、デビッドダッドリー選手が大会中、メインに使用していたルアーがO.S.Pの「ブリッツ MR」 (Vanilla chartreuse)と「ブリッツMAX DR」 (Tasty shad)でした。

で、今回、デビッドダッドリー選手と親しみ深い「なべさん」こと渡辺裕之さんから、レポートが届いているのでそちらをご紹介。

渡辺 裕之(watanabe.hiroyuki) プロフィール

静岡県の富士市出身で、アメリカのFLWトーナメントで活躍中。なべさんという愛称で親しまれ、1年の内のおよそ半年間をアメリカのトーナメントに打ち込む日本人トーナメンター。

 

※以下、渡辺裕之さんのレポート

デビッドダッドリー選手がブリッツシリーズをメインに7位を獲得!

さて、先週末アメリカから嬉しいニュース。既に日本に帰国済みの、なべさんこと渡辺裕之です。

自分の師匠であるデビッドダッドリーが、8/11~14の4日間、オハイオ州レイクエリーで開催された”FLWスーパートーナメント”において、O.S.Pのブリッツシリーズをメインに7位フィニッシュしました。

FLWホームぺージはこちら

 

ブリッツ MR

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
51.5mm 9.5g ハイフローティング #6 42 1550円 アバロン使用カラー 1750円

O.S.P公式「ブリッツMR」詳細ページはこちら

 

ブリッツMAX DR

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
61.0mm 18.0g フローティング #4X 34 1600円

O.S.P公式「ブリッツMAX DR詳細ページはこちら

 

その試合に向けての準備に私も彼の家でお手伝いをしていました。

 

私も長くお世話になっているO.S.Pベイトを数多く準備してから、北部の試合へ送り出しました。

 

今回の7位の結果ですが、私達は既に2017年にこの湖でチェックを彼と長男のメイスンの3人で行っております。その様子は私のブログでもご紹介させていただきましたが、ダダ荒れの湖であるのも確認済。

 

デカいラージも確認済

 

そしてスモールのパターンも確認済でした。

 

これらの釣果はもちろんO.S.Pベイトであるのは言うまでもありません。

そして今回、彼が迎えた最高峰での試合における活躍!ブリッツの強さを再認識させられた結果でした。

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。