ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍・レイズスペクトラ「RZS61LL」・その特長と使いどころ

2020年、テンリュウのトラウト用ロッド「レイズ スペクトラ」に新たに3機種追加されました。

出典:天龍

今回は追加機種のひとつ、「 RZS61LL (Twitchin’ Custom)」をピックアップ。

【レイズスペクトラ詳細はこちら

レイズ・スペクトラRZS61LL (Twitchin’ Custom)

出典:天龍

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
1.86[6’1″] 2 R 95.3 1-8 1-5 185 74 95/5 ¥50,000

RZS61LL (Twitchin’ Custom)は、同じくレイズスペクトラRZS51LL (Twitchin’ Custom)のコンセプトを基に、清流域から中流域の攻略を想定して1フィート長くなったロッドといえます。

サブネームがTwitchin’ Custom(トゥイッチンカスタム)と同じなのも、機種の持つ特徴自体は共通していることを意味しています。

RZS51LL

出典:天龍

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
1.55[5’1″] 2 R 79.5 1-8 1-5 155 66 94/6 ¥47,500

上記はベースとなった51LLのスペック。比較すると、スペック的にも61LLとの共通項が多く見られます。

ハイプレッシャーフィールドの攻略に

51LLの持つライトウェイトプラグの操作、ピンスポットへのキャスト性能に特化しながらレングスをロング化した61LL。

これにより、51LLが得意とするフィールドよりも規模の大きな清流域から中流域の攻略が、51LLと同様の操作感とキャストフィールを持って可能となったわけです。

また、人的プレッシャーの多いフィールドで、小粒のルアーをキレよく動かさないと食わない時、ましてやそれが少し距離のあるピンポイントを攻めなければ食わない…そんな時に非常にマッチする機種!

キャストフィールをさらに向上させるために

同様のコンセプトでレングスを長くする、それも1フィートも長くなればかなり難しい。

レングスが長くなれば当然キャスト時に若干のダルさが出てきます。51LLが持つスパッとピンで決まるキャストフィールを、レングスが長くなった61LLでも飛距離を伸ばしながら得る、このためにバランスにこだわった改良が施されています。

ガイドはライン抜けがよいように61LLにはワンランク口径の大きなガイドを搭載。

出典:天龍スタッフブログ

また、バット部の張りを若干持たせることでスパッとキャストが決まるフィーリングを実現。

ブランクスに若干張りを持たせながらパワーは変えていないというのがミソで、軽快な操作感はそのまま。

そしてグリップエンドを30mm延長することで、レングスが長くなってもワンハンドキャストが面白いように決まる仕様となっているのです。

出典:天龍スタッフブログ

渓流域で使うようなルアーを清流域、中流域、ハイプレ下で使える、現代トラウト系ルアーゲームに必要不可欠な機種といえるでしょう。

適合ルアー

出典:天龍

ルアーウエイトは1~8gまでと記載はされていますが、最も操作しやすいのは3~6gがベスト。

本流で言えば5cmクラスから使用でき、ミノーは7cmの6~7gまで使用可能!

渓流で使うような繊細なルアーも使いこなせるわけです。

ライン

従来であれば5lbですが、ルアーの操作をより繊細に行うのであればナイロンは4lb、PEなら0.6号くらいがマッチ。

細くすればするほど水の切れが良くなるので、ルアーの動きも鋭くなります。

軽いトゥイッチで誘えるので、魚がスレたフィールドで効果を発揮するように仕上げてあります。

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。