ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【超簡単&わずか3分&工具必要ナシ】ベイトリール基本メンテナンス講座

寄稿:伊藤 雄大

みなさんこんにちは。ZPIプロアングラーの伊藤雄大です。

皆さん、ベイトリールのメンテナンスはしていますか?

ベイトリールで最も重要なのがスプールの回転性能。

今回はスプールの回転を良くする超簡単なメンテナンス方法を紹介します。

ベアリングとは一体なに?

リールの回転部には、回転をスムーズにするためにベアリングと呼ばれる金属製のローラーが入っています。

ベイトリールのスプールはキャスト時に高回転するため、ベアリングがいかにスムーズに働いてくれるかが命。キャストフィールや飛距離にも直結してくる部分です。

ベアリングには回転をスムーズにするためにオイルが使われていますが、繰り返しの使用や経年劣化でオイルが切れたり、ヘタったりしてくると徐々に回転が鈍ってきます。

ベアリングにオイルを注油してみよう

スムーズな回転を維持するために、是非やって欲しいのがベアリングへの注油です。

リール本体から工具を使ってベアリングを取り外し、洗浄してから注油するのが理想ではありますが、手間も考えるとなかなか現実的ではありません。

普段使いの簡易メンテナンスとしては追加でオイルを注油してあげるのが一般的で、ノーメンテと比較するとこれだけでも十分に回転が良くなります。

釣行頻度にもよりますが、月に一度くらいやってあげると良い状態を維持できます。

ベストコンディションのリールで楽しもう♪

注油するのは3か所

アルカンセリール(ZPI)を例に説明します。

注油するのは

①メカニカルブレーキ部ベアリング

②スプールベアリング

③パーミングカップ部ベアリング

この三か所です。

スプールの回転を支える三つのベアリング

スプールとメカニカルキャップを外す

パーミングカップを外し、スプールを取り出します。

巻かれているラインがスプールから出てきてしまわないように、マスキングテープやセロテープで留めておくとやり易いです。

メカニカルキャップは緩めていけば外れます。

ラインがバラけないようにテープで留めるとラク

※外したスプールは転がり易いのでテーブルから落下しないように注意

メインシャフトを拭く

久しぶりのメンテだと、大体メインシャフト部分が古くなったオイルで黒く汚れているはずです。ティッシュでササっと拭いておきましょう。

これで準備はオッケーです。

ササっと拭いてスッキリ!

レッツ注油

見えている3か所のベアリングに注油していきます。

ペンタイプのノズルのオイルなら簡単に作業できます。

オイルの量は2~3適で十分。量が多すぎると不必要な箇所にオイルが染みてしまうので、気を付けてください。

注油が終わったら、あとは元に戻すだけ。これで全て完了です。

メカニカル注油

パーミング注油

スプール注油

数滴で十分 ペンタイプだと作業◎

オイルは釣りに合わせて選ぶとベスト!

様々なオイルが市販されていますが、必ずスプールベアリング用の物を使用してください。

私は用途に応じて二種類を使用。

F-0ナノフィネス(ZPI)

出典:ZPI

F-0ナノフィネスオイルはフィネスに特化した専用のF-0オイルです。

超低粘度でありながら、ナノダイヤクラスター増量により耐摩耗性能を維持し、低フリクション化を実現させてあります。

近距離主体で10g以下の軽量ルアーを多用する場面でオススメ!

ベイトフィネスリール全般、ピッチングやショートディスタンスでのキャストなど手返し重視のスタイルに合うオイルです。

詳細はこちら

F-0エクストラロングキャスト(ZPI)

出典:ZPI

F-0エクストラロングキャストはシリーズ史上最高の耐久性能と遠投性能を両立した遠投専用設計のF-0オイルです。

遠投性能を最大限に活かすロングキャストをメインにするリールにはコレ!

飛距離が必要なシチュエーションやリールの使用頻度が高い方にオススメのオイルです。

キャスティングメインでのベイトフィネスやプラッキングベイトフィネスはもちろん、ビッグベイトなど重量のあるルアーとの相性も良くなります。

詳細はこちら

用途に応じてオイルを選ぼう

簡単なメンテナンスでも効果は抜群!

リールのポテンシャルを引き出してゲームを楽しんでください。

YouTube ZPI公式チャンネルで最新動画を続々公開!

イイネ&チャンネル登録お願いします!

人気モデル アルカンセRG-C紹介

アルカンセタックルでのビッグベイトゲーム㏌高山ダム

伊藤 雄大(Yudai Ito) プロフィール

オフィスZPI所属。アルカンセロッド&リールを駆使し、ハードルアーのみ使用可能なバストーナメントH-1グランプリ2019では参戦初年度から年間ランキング3位を獲得。エリアフィッシングでは絶対王者の異名を持ち、そこで培ったレンジコントロールを武器に様々な魚種を追いかけるプロアングラー。

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。