ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ディンプルボディでシャクリが軽快】ダイワの新作ロックショア対応メタルジグ「ショアスパルタン ダーティンジグ」を紹介

近年、人気ルアージャンルとしてとしてファンを増やしていうのが”ロックショアゲーム”。

ロックショアゲームは、磯からメタルジグやプラグなどを用いて青物やヒラスズキなどを狙う釣り。突如来る大型魚の激しいバイトや掛かってからのファイトなど、その迫力が、病みつきになるため、ファンが増えているんです。

さて、今回は、そんなロックショアゲーム専用に開発されたダイワの最新メタルジグをご紹介します!

 

ショアスパルタン ダーティンジグ【ダイワ】

2020年9月登場予定

ロックショアゲーム専用に開発されたダイワの最新メタルジグなのが、「ショアスパルタン ダーティンジグ」。

サイズ
(g)
サイズ
(mm)
本体価格(円)
30g 98 830
40g 109 880
65g 126 990
90g 141 1,100
105g 146 1,150
125g 156 1,200

ダイワ公式「ショアスパルタン ダーティンジグ」詳細ページはこちら

 

ショアスパルタン ダーティンジグは、どんな特長を持っているのか? 細かく紹介していきます!

ショアスパルタン ダーティンジグの特長をピックアップ

ディンプルボディがジャーク時の引き抵抗を軽減

まず、ご覧の通りボディ表面に無数の円状のヘコミが見られますよね。

これは、”ディンプル構造”という、ゴルフボールなどに用いられている構造で、気流や水流の乱れを整えるといった役目を果たす構造なんです。

 

 

その”ディンプル構造”が「ショアスパルタン ダーティンジグ」にも採用されていて、アクションさせた時にかかる水流抵抗を軽減してくれるんです。

 

例えば大きな水圧の掛かるクイックロングジャーク時などでも、より軽い力でジャークできるので疲労が抑えられて、集中力が持続するというわけ。

アクションの質に関しても、青物が好む左右へのクイックなロングスライドアクションで誘えて、ローリングフォールでバイトさせることが可能になっています。

 

衝撃による変形を抑えるパワーリブフレームが搭載

ロックショアゲームは、磯場というゴツゴツした複雑な地形、シチュエーションの釣りになるので、どうしてもルアーの破損や変形などが起きてしまいがち。

だけど、「ショアスパルタン ダーティンジグ」には”パワーリブフレーム”という、ステンレス板にダイヤ格子リブ加工を施した高強度打ち抜きフレームがジグ内部に搭載されているので、磯に叩きつけられても変形しにくくなっているんです。

 

チャンスを逃さないサクサスフックを採用

標準装備のフックとして”サクサスフック”が採用されているので、刺さりはバツグン!

 

サクサスとは?

従来のメッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意していただきたい。

出典:ダイワ公式「ショアスパルタン ダーティンジグ」詳細ページ

出典:ダイワ公式「ショアスパルタン ダーティンジグ」詳細ページ

 

HDコーティング塗装

特殊な下地との相乗効果により塗装コート強度が向上。キズ付いても剥がれにくくなっています。

 

1 / 2
次へ