ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジグヘッドを左右にキレイにダートさせたいなら「マイクロダーター」はオススメですよ

ジグヘッド&ワームで魚を誘う有効なアクションのひとつがダート。

さまざまな魚種に効果的なダートアクションですが、キレのあるダートとなると多少のテクニックが必要になったり…。

そこで紹介したいのが、がまかつのマイクロダーター

軽いトゥイッチでも誰もが簡単に、強烈なダート・ワインドアクションを演出できてしまう、ライトゲーム用ジグヘッドです。

出典:ラグゼ

マイクロダーター詳細ページはコチラ

誰でも簡単に強烈ダート・ワインドアクションが可能!

マイクロダーターはがまかつ独自の流体力学理論に基づいた、独自のヘッド形状とウエイトバランスが特徴。

かなり頭の先が鋭い扁平ヘッドでホントにキレよくダートする、ダート特化型の看板に偽りなしのジグヘッド。

出典:ラグゼ

ボトムワインドにエントリーしたいなんて時にも、オートマチックにダートしてくれるありがたいアイテムです。

アジ・メバル、ロックフィッシュ、ほか最大4.5gまであるのでマゴチなどのボトム付近に潜むフラットにも港湾部などでは使えるハズ!

バイトに即フッキング

出典:ラグゼ

左右にダートし、そしてフォールして…という立体的なアクションは、ダートではリアクション要素を、フォールでは食わせ要素の両方を兼ね備え、アピール力が高い!

一方、これは経験のある方も多いと思うのですが、それらのアクションの中でバイトがあっても掛からないというシーンも結構ありますよね。

そのあたりを解消するのが「マイクロバーブ」と「ロングストレートポイント」を採用したフック。初期掛かりがイイんです。

加えてフックポイントの向きを見るとラインアイに平行になっていきますが、フッキングを入れた時に刺さりやすい角度になる仕様が見てとれます。このあたりはさすがフックメーカーといったところ!?

ちなみに、マイクロダーターはフリー(ループ)ノットを用いて結節することで、 最も効果が発揮されるように設計されています。

フリーノット、もしくは小型のスナップでのセッティングがオススメです!

出典:がまかつ・ラグゼ

また細身のワームの使用の場合はキーパーのカエシをペンチやプライヤーで狭くすることで、ホールドすることが可能!

簡単にダートアクション、そしてフッキングも両立したいならぜひ一度使ってみてください!

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。