ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【人気釣りガールも参加】アオリイカパラダイスプロジェクト2017☆産卵床設置は水産資源保護に効果あり!

2017年5月14日に三重県紀北町・引本浦で開催された産卵床設置イベント「アオリイカパラダイスプロジェクト2017」。その参加レポートを人気釣りガールの森田菜月さんにいただきました。

人気釣りガールも参加。左から森田菜月、あぜっち、萩原香

<参加レポート>
※文…森田菜月、写真…名田健嗣

アオリイカパラダイスプロジェクトという、とても素晴らしいプロジェクトがあるのを、皆さんご存知でしょうか? 三重県の引本浦にあるエヌテックマリンさん主催で行われている、アオリイカの産卵床を海底に設置するイベントです。イカ釣りブームが到来し、個体数が減少しつつある中、釣るだけでなく資源を守り増やしていこうという考えに賛同した有志の方々で、毎年大盛況のイベントなんです。

参加者に当日の流れや注意点などを説明する、エヌテックマリンの中井船長

密度が高いため水に沈みやすく、また枝葉が大きく広がっており、イカたちが卵を産み付けやすいウバメガシの木。今年は12本の木に土嚢(どのう)を設置し、海底に沈めるお手伝いをさせていただきました。

土嚢をくくり付けたウバメガシの木を船でポイントまで運んで沈める

「イカ達が沢山生まれてほしい…」。そんな参加者の願いが届いたのか、天候にも恵まれた初夏の日差しの中、無事に全ての産卵床を設置し終えました。

産卵床の投入シーン

設置後は、参加者の皆さんで港の清掃活動をします。悲しいことに、今年も釣り人が出したと思われるゴミが沢山…。釣り人は自然の恵みをもらっているのだから、海やお魚に対する感謝の気持ちを忘れちゃダメですよね!

ゴミ拾い後に参加者全員で記念撮影

「沢山の命が芽生え、命や自然に感謝する釣り人が増え、そして、美しい海がいつまでも輝き続けますように」。そう願いを込めて、イベントは無事に終了しました。こういう素敵なプロジェクトが、他にもどんどん増えていってほしいな、そう感じます。

ちなみに、翌日届いた中井船長さんの報告では、早くもアオリイカの卵が産み付けてあったそうです♪ まるで、イカ達がウバメガシの木を待ちかねていたかのようですね!

先程、藤倉船長と共に、産卵床の設置状態の確認と修正を行う潜水作業を行ってきました(^^)そこで皆さまに、緊急報告です!昨日、沢山の方々にご支援を頂き設置しました産卵床わずか24時間で、初産卵が確認されました!!この活動を始め…

アオリイカパラダイスプロジェクト2017さんの投稿 2017年5月14日

<協賛社一覧> ※順不同