ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バークレイ・ロックフィッシュジグヘッド】ロックゲームのエキスパート佐々木健太郎・監修の特殊形状ジグヘッドが登場

バークレイからロックフィッシュ専用で開発されたちょっと変わり種なジグヘッドが登場! それは…

バークレイ・ロックフィッシュジグヘッド3.5~14g
Berkley RockFish Jighead

2020年8月発売予定

この「ロックフィッシュジグヘッド」は、東北のロックフィッシュゲームのエキスパートとして知られる佐々木健太郎さんがプロデュースする、これまでにない新型のロックフィッシュ用ジグヘッド!

佐々木健太郎インスタグラムはこちら

重さ フックサイズ 入り数 本体価格(税抜)
3.5g #2/0 5 ¥450
5.0g #2/0 5 ¥500
7.0g #4/0 4 ¥500
10.5g #4/0 3 ¥500
14.0g #4/0 2 ¥550

 

バークレイ公式ロックフィッシュジグヘッド詳細ページはこちら

出典&アイキャッチ出典:バークレイ公式ロックフィッシュジグヘッド詳細ページ

 

 

「ボトム系甲殻パターン」と「ベイトフィッシュ・スイミングパターン」の両方でストレスなく使えるジグヘッド

佐々木さんが狙ったのは、ロックフィッシュゲームでの2大パターンである「ボトム系甲殻パターン」と「ベイトフィッシュ・スイミングパターン」の両方でストレスなく使えるジグヘッド!

 

フロント下部と底面の2面にフラット面を設けてある

まず「ボトム系甲殻パターン」で多くのストレスとなっている根掛かりの軽減をジグ源するべくヘッドは、フロント下部と底面の2面にフラット面を設けてあります!

こうすることによってカーブフォールでは水平に着底! テンションフォールではリグが立ち、根掛かりが防いでくれるというわけ。

 

下方重心にデザインしスイミング姿勢が安定

続いて「ベイトフィッシュ・スイミングパターン」への対応としてはヘッドを下方重心にデザインしスイミング姿勢が安定するようにしてあるんです! こうすることで、シャッド系ワームのスイミングがやりやすくなっているとのこと!

 

ロックフィッシュジグヘッドにマッチするワームは?

PBバルキーホッグ3インチ、4インチクラスのパルスワーム、Tテールシャッド3.7インチ、ガルプ、マックスセント各種。

各g、軽量なPBパルスワームやバルキーホッグをセットし、テンションフォールをするとボトムで立つように設定してあります。

あと自重のあるガルプやマックスセントを使用すると着底した瞬間は立つがその後倒れ込みながら魚を誘える設定になっています。つまりフォールで誘える上に、着底後に倒れ込みながらの水推しでバイトを誘発し、意図的に二段階の『食わせの間』を演出することが可能というわけなんです。

 

 

有効なシチュエーションや魚種について

ナイト&デイの港周り、ゴロタ浜やサーフロックはもちろん、磯ロックやボートロックゲームにも対応!

魚種的には、ロックフィッシュ各種、それからハタ類などのグルーパーにもオススメ!

 

以上、バークレイ・ロックフィッシュジグヘッドをご紹介しました! ロックグルーパーゲームで使ってみたいです!