ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

マイクロショアジギングがライトロックにイチ押しなワケ

ライトロック特集

こんにちは、トモ清水です。

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

ベイトフィネススタイルと、マイクロショアジギング専用のスピニングタックルを使った、二刀流で楽しめるライトロック。

今回のテーマはライトロック五目ということで、基本ロックフィッシュを狙いながら、同時に他魚種の五目も狙えるマイクロショアジギングスタイルを今回ご紹介します。

マイクロショアジギングがライトロックにイチ押しなワケ

このマイクロショアジギングですが、トモ清水的にはベイトタックルとスピニングタックルの両方のスタイルで楽しんでいます。

こちらのロッドは、新しくリリースされる「エラディケーターベイトフィネス」

ベイトタックルはベイトフィネスと呼ばれるスタイルで、2、3gといった超小型、軽量のマイクロジグも使いやすいのが特徴です。こちらはテトラの隙間や岸壁、手前の海藻エリアなどの主に接近戦で使用しています。

接近戦もマイクロジグを遠投しての長距離戦も両方で使っているのが、8フィートの長さを越える専用のスピニングタックルを多用しています。「ソルティースタイルのマイクロショアジギング」という専用ロッドが、長くても繊細で1gの超マイクロジグも使用できるのでオススメです。

オススメのメタルジグはコチラ!

「マイクロジグフラット」と「マイクロジグスリム」。1gから14gのラインナップ。マイクロショアジギング対応のメタルジグです

ピュアフィッシング公式「ソルティースタイル・マイクロショアジギング」詳細ページはこちら

マイクロショアジギング実釣動画

メタルジグはシンプルな仕掛けで、ジグを糸に結ぶだけという簡単さ。それに加え、メタルジグは遠投性能に優れ、誰でも簡単に遠投できます。その結果、釣果に結び付きやすいということで、イチ押しな理由になります。さらにロックフィッシュ以外の魚種も色々同時に狙えるとあってオススメなのです。

沖に遠投すれば、カマスや青物といった回遊魚も狙えます!

動かし方は投げて、沈めて適当に動かしていても釣れるので心配ありません。まずは気軽に挑戦して頂ければ、きっと釣れて楽しむことが出来るでしょう。

マイクロジグスリムでオオモンハタ。ベイトフィネスによる接近戦で。

こんなかわいいキジハタ(アコウ)もマイクロジグで釣れます。

※根魚は釣った分だけいなくなってしまう魚です。小さい個体はリリースしてあげましょう。

こちらは専用のスピニングタックルでのマイクショアジギング。

サーフから良型のキジハタ。マイクロジグフラットの14gにて。色はグリーンゴールド。

2021年モデルのNEWロッドをテスト中!

来年、すごいロッドがリリースされます。今一生懸命、開発していますのでご期待くださいませ!

40cmオーバーのアイナメもゲット!

マイクロジグを使ったマイクショアジギングは、時には大型のロックフィッシュも釣れることも少なくありません。そういったサプライズも魅力です。

といった感じで、まずは気軽に挑戦!新しいライトロックの世界が見えてくると思います。ぜひ、マイクロショアジギングでライトロックゲームを楽しんでみてください。

トモ清水でした~。