ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏だ!家族・子供と釣りに行こう!イージーに釣れる、筏(イカダ)のライトロック五目釣り♪

ライトロック特集

「釣りを始めたい」「でもどこに行けば釣れるの?」「釣り始めるからには絶対釣りたい!」「子供にも釣れる簡単なのがいいわ~」「家族で行くのでトイレや駐車場などの施設もしっかり整った場所がいいね」「自分たちのペースで釣りを楽しみたいなぁ」「釣りだけでなくバーベキューも♪」「朝早いのは苦手」「せっかくならハタやカンパチなど高級魚も食べたい」まかせてください!全ての願いを叶えるため、わたくしトモ清水が徹底解説していこうと思います!

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

これから釣り始めたい方も必見!これを読めば釣れたのも同然!釣果お約束致します♪

隠れた穴場スポット「筏(イカダ)」の魅力

筏(イカダ)の釣りって、皆さん、イメージはどうでしょうか?

私はチヌ(クロダイ)のイメージが強いのですが、私も釣竿設計者としてイカダ専用ロッドを作っていたこともあったので、そのイメージがやはり強く、ルアー釣りって感じは思いつきにくいのが正直なところでした。

だからこそ今回、隠れた穴場スポットとして「筏(イカダ)」の魅力をご紹介したいと思います。

まず今回お世話になりました三重県南伊勢町の「まるよし渡船」さん。こちらはチヌ釣りだけでなくルアー釣りもOKなイカダに渡して頂けます。さらには家族やグループでバーベキューも楽しめる自由なところも、素敵な渡船屋になります。渡船屋さんによっては、「ルアー釣りはお断り」という場所もありますので、事前に問合せしておくことをオススメします。

まるよし渡船さんの道路入り口の看板にも五目と書いてあります♪

ルアーもOKなイカダです。

今回お世話になりました、まるよし渡船さんのホームページはこちら

イカダの近くには磯があったり、浅場があったりと意外に変化に富んだポイントも。

潮通しのよい場所にイカダは設置されていますので、実に様々な魚種が回遊してきます。

もちろん人気のアオリイカも狙えますよ~♪

イカダは基本的に湾内なので波がなく、波で揺れて船酔いというリスクが少ない。

仮に酔ったとしても、すぐに船で迎えに来てくれて、陸に戻れる安心感もありますので、小さなお子様も一緒に連れていきやすい場所です。ただし必ず命を守るライフジャケットは子供に装着お願い致します。

イカダに着いて1投目、落とすだけで釣れたオオモンハタ♪

非常に簡単で、キャスト(ルアーを投げる)する必要もなく小型のマイクロジグと呼ばれるメタルジグを落とすだけで釣れますよ!

水深は15mほど。

ガルプ!イソメを使えば、キス、カワハギ、ヒラメ、青物といったロックフィッシュ以外にも色々釣れるのでオススメです。生きた虫エサが苦手な方も大丈夫♪

もちろんマイクロジグはロックフィッシュ以外にも青物といった魚も狙えます。

しかも簡単!

マイクロジグフラットは、ただ巻きでも、シャクっても釣れます。シャクった後は後ろにバックスライドして、その動きで魚を魅了します。

イカダには簡易的なトイレも常備されていますよ。

まさに1つのイカダはプライベート空間。まわりを気にせずに自分たちのペースで楽しめます。ゆっくりとした時間を楽しむもよし、仲間同士で釣りを楽しむもよし、家族でバーベキューしながら釣りたての魚を食すのもよし♪

同行してくださったカメラマンの中村さんも自身初めてのオオモンハタを釣ることが出来ました!女性でも子供でも気軽に、簡単に、憧れのハタを釣ることが出来るのが今回ご紹介する筏スタイルのライトロックゲーム。

シオ(カンパチの幼魚)も難なくゲットする中村さん♪

まるよし渡船さんブログにも釣果アップされていますので、こちらをチェック!

http://maruyoshitosen.com/tyoka/7649/

といった感じで、イカダで楽しむライトロック五目ゲームは、釣りを始めてみたいという方にも、ファミリーでゆっくりと楽しみたいという方にも、もちろん釣りが大好きなマニアな方にも、うってつけのライトロックフィールドです。

ぜひこの夏は、新しいスタイルのライトロックゲームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

動画も公開中!ぜひご覧ください!