ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タコ釣りたい方、必見!タコエギ超入門♪本当はもっと釣れる!

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

こんにちは、トモ清水あらためタコ清水です(笑)。

全国でタコ釣りが盛り上がっていますね!そう!日本人は皆タコ大好き♪

世界中を見ても類を見ないほど、タコの消費量が一番多い国、日本。

はい、わたくしトモ清水も実はタコで釣りを覚えた口であります。

正確にはマダコではなく日本海でのイイダコなのですが。小学生の時に親の所有していた船に乗って親父に教えられた経験がございます。タコは本当に美味しい、まさに食べるために釣っているようなものですね。

美味なタコは、人気が高い!関西はもちろんですが、東京湾でも今期絶好調!

関西では船からタコをエギで、釣竿を使った釣り文化があります。いっぽう関東、東京湾では一般的にタコテンヤを使った手釣りが伝統的です。ところが去年あたりから関西スタイルが東京湾で一気に広がりを見せています。去年のタコ爆沸きに続き、今年も絶好調なタコ。

そんな全国的に好調なタコ、釣ってみたいという方、まだまだ多いのではないでしょうか?

私の息子琉亜(るあ)も、「タコ釣りたい!」とどうしても言うので、東京湾にタコ釣りに行ってきました!

これからタコ釣ってみたい、さらにこれを読んで頂ければ、もっともっと釣れること間違いなしです!

タコのシーズンは一般的に5月から10月になります。特によく釣れる月は、まさに今7、8月になります。もちろん9月以降も釣れるのですが、数が減っていき、その代わりに大型が釣れるようになってくるといった感じです。8月は数もサイズも両方を叶えてくれる、まさにベストマンスと言えるでしょう。

果たして釣果の方は?

今回お世話になりました横浜から出船しているストライカーさん。ベイブリッジを越えればタコポイントはもう目の前

会社の仕事仲間ピュアフィッシングメンバーと、横浜から出船しているストライカーさんにて今回お世話になりました。一隻をチャーターし、夕方から暗くなるまでタコエギ、そして暗くなってからバチコンアジングという欲張りなリレーというプラン♪

港から20ー30分でポイント到着。水深は浅くて5m、深くても14mほどとさほど深くないポイント。タコエギやアオリイカで使用する普通のエギを2個つけて、オモリは10号から20号をセット。

まずはボトムに落として、小突いて誘い、止めてアタリを待つのが基本的な動作になります。

タコがエギを抱くと、根掛かったようなヌルッとした感触がロッドを通じて伝わってきます。合わせが早過ぎるとすっぽ抜けることもありますが、遅すぎるとタコがエギを離してしまうこともありますので、違和感を感じたらひと呼吸置いてフッキングするとよいでしょう。

船中はじめにタコを掛けたのは息子の琉亜(るあ)。初めてのタコに大満足!夢が叶ってよかったね♪

まず船中はじめにタコを掛けたのは小学生の琉亜(るあ)。初めてのタコに大満足!そこでスイッチが入ったのが立原おじさん。子供に負けてならないとばかりに4連発。ガルプ!パルスクローをエギにちょん掛けしての、子供に対して反則スレスレの技で(笑)、間違いなく匂いでもタコを誘った結果です。

ガルプ!のパルスクローをエギにちょん掛けして連発の立原さん。家族分のタコを確保してご満悦

そう!タコは実は匂いに非常に敏感。ガルプ!の味と匂いが非常に効果的なのは一部のタコマニアの間で知られていて、ガルプ!のワームを装着したり、ガルプ!アトラクタントスプレーをエギに吹き付け、釣果を伸ばす強者もいます。ぜひ、匂いと味をプラスして釣果を伸ばしましょう。

ガルプ!のアトラクタントスプレーをタコエギに「シュッ!」それだけで釣果が上がります

アトラクタントスプレーは液状ですが、現在パウダー状の秘密兵器をテスト中。マダコ以外にもイカに非常に効果的なのが実践でわかってきました。

発売はまだまだ先ですが、12月頃の予定です。ぜひとも発売になったら試して頂きたいアイテムです!

マル秘の魔法の粉も今回タコに試してみる良い機会♪

こちらがパウダー状のマル秘兵器

このようにガルプ!のワームにさらに漬けて♪うっしっし~子供のワームにも漬けてあげてと!

タコエギは目立たせてナンボ!

エギの二個付けとガルプ!の味と匂いでタコを引き寄せましょう!

私もタコ釣って、「タコスフィーーールド!!」

とは叫びませんでしたが(笑)、タコ釣れると何だか、めちゃ嬉しい!

あの乗った時のズッシリ感、揚がってきた時のタコのシルエット、動き。全てが刺激的過ぎます!

今回使用したロッドはタコスフィールド。タコの先駆者、その名もデビル渡辺氏に監修して頂き、一緒に作り上げた5年以上のロングセラーロッド。7月末に再入荷しましたが、瞬殺でメーカー在庫が切れたほど、今年も本当にタコ祭り。こんな事ならもっと生産しておけば良かったと、時すでに遅し(汗)。

5年以上のロングセラー、タコ専用ロッド「タコスフィールド」

代用品としてクロスフィールドのXROSSFIELD XRFC-732Hのモデルもおすすめですよ~。こちらのモデルはタコ以外にもロックフィッシュ、バス、ライギョ、怪魚にも使えるロッドとなっています♪

やはり専用ロッドを使うだけで、タコ特有のアタリや、エギの操作性、2,3kgオーバーの大タコも安心してファイト出来ます。

やはり地面や壁に吸盤で張り付かれると、全く動かなくなるほど、タコの吸盤は強烈。完全に張り付く前に、瞬時に底から引きはがして釣り上げなければなりません。これが大ダコになればなるほど重要です。

ですから、場合によってはPEライン3号以上、リーダーもフロロカーボンの10号以上と、太くラインの強さが求められます。それに耐えられる専用のロッドがタコスフィールド。4機種ラインナップあるのですが、船からのタコエギだとTKFC-692MH-BS、このモデルがボート専用でおすすめです。

ロッドはもちろん、専用ロッドのタコスフィールド!リールはABUビッグシューターコンパクト、ビースト、ロケットなどがベストマッチ

日が暮れてからは、東京湾の脂の乗ったアジをバチコンスタイルで狙い撃ち。こちらも十分お土産を確保して、タコとアジの旬なターゲットを欲張りに狙った釣行でした~。

夜からのバチコンアジングもばっちり♪ロッドはリアルフィネスのライトオフショアゲーム。バチコンもイカメタルもタイラバも1本でできちゃいます。自重何と60g台の超軽量オフショアロッド

アジもしっかりお土産分確保で夏の夜遊びを満喫出来たかな♪ワームはガルプ!のベビーサーディン。一番のオススメはマイクロクローラーアジングカスタム。カラーは伊勢湾スーパーグローカラー、実績高し!

旬なタコ、9月いっぱいまで狙えますので、是非狙ってみてはいかがでしょうか。

タコ焼き、タコの唐揚げ、タコ飯、タコの刺身、色々な調理方法で美味しいタコが待っていますよ~。

冷凍保存も効きますので、是非とも旬なタコを沢山釣っていただきたいと思います。

タコスフィールドの製品ページはこちら

トモ清水でした!

See you next time!

釣ったら食す!オススメ料理♪

塩でヌメリを取って茹でます。コツは一度軽く凍らせるとヌメリは落ちやすいですよ。

タコの唐揚げ。旬なものを自分で釣って美味しく頂く。ショウガとニンニクをすり下ろして、醤油で味付けしたタコの唐揚げはビールが進みます♪

タコ刺しだけでなく、東京湾の脂の乗ったアジも。タコエギ&バチコンアジングのリレー、最高かよっ!

■タコ専用ベイトタックル

ロッド:Abu Garcia TAKOSSFIELD(タコスフィールド)

リール: Abu Garcia REVO BEAST (レボ・ビースト)REVO BIGSHOOTER COMPACT 8/7 (ビッグシューターコンパクト)

ライン:Berkleyスーパーファイヤーライン・カラード3号

リーダー:Berkleyバニッシュレボリューション20lb以上

おすすめワーム:ガルプ!パルスクローガルプ!パルスワーム4インチ※色は得に赤色がおすすめです。