ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バリがキモだった!】超極薄カーリーテールを搭載した「バリウスゴビィ」がイマカツからいよいよ登場! 食わせの新兵器に期待大

バスフィッシング、特に琵琶湖のウイードの釣りでは、「バリ」が付いたアメリカンワームが釣れるという都市伝説ならぬ、琵琶湖伝説が、いにしえより語り継がれていますが、特に往年の銘ワームにはそういう当たりパッケージが存在し、お世話になったアングラーも多いはずでしょう。

その「バリ」のよさを、成形技術の限界に挑み、見事に復活させた超食わせ系カーリーテールが、「IMAKATSU(イマカツ)」から新登場する「バリウスゴビィ」です。

出典:K.IMAE Top Secret

要するにエッジ部がバッリバリに薄いテールを持ったカーリーテールワームなのですが、このバリバリ薄いテールの威力は絶大。

薄いテールエッジが、ビミョーに、そして儚げに水を掴んで超ナチュラルにアクションするため、スレたバスでも違和感なく興味を持ってしまいバイトしてしまうという訳です。

さらに言うとこのナチュラルさ故にバスに余計なプレッシャーを与えにくいため、スレにくく、釣れ続くという特性も持ち併せているようです。

実際、プロトモデルのテストを行った仲氏の釣果は、今江克隆氏のブログによると凄まじいの一言…。

実に1年半、サンデーアングラー、メーホー(明邦化学工業)仲ちゃん独占使用だった、アレ。

ミック2016年AOY、2017オーナーズ優勝、琵琶湖オープン年間4位などなど。

ほとんどこれだけで、ずいぶんといい思いしてました。

出典:K.IMAE Top Secret

 

ちなみに、フィッシングショーの時には、「アンクルコビー バリウス4インチ、5.3インチ」というネーミングで展示されており、ご覧になったアングラーはそのスッケスケな薄さのテールにど肝を抜かれたことでしょう。

ちなみその時のショートムービーがコチラ!

と言う訳で、今回ついに発売となるのが「バリウスゴビィ5インチ」。
兎にも角にもバスを釣りたいアングラーは是非ともチェックしてみてください。