ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アユの群れの発生と同時にロクマル出現】O.S.P「ドライブスティックFAT」を使ってデカバスを捕獲した特殊チューン方法とは一体?

O.S.Pの定番ワームの1つ、「ドライブスティック」。

出典:O.S.P公式「ドライブスティック」詳細ページ

様々なリグに対応しながらも、ノーシンカーリグやバックスライドセッティングなどのフォールアクションでは特に威力を発揮するワーム。

そのドライブスティックのボデイを更にワイドにし、ウエイトアップさせたモデルというのが「ドライブスティックFAT」。

で、最近、琵琶湖プロガイドとして知られている森田 哲広さんのガイドに来られていた方が、「ドライブスティックFAT」の少し変わったチューニング方法でロクマルをキャッチされたとのこと!

その時の様子が記されたレポートが、実際にこちらにも届きましたので早速紹介していきたいと思います!

森田 哲広(Tetsuhiro Morita) プロフィール

琵琶湖アークロイヤルボートクラブを拠点とする琵琶湖のフルタイムプロガイドとして人気を集め、年間釣行日数は200日を超える。経験と理論に裏打ちされたテクニシャンで11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こしたり…。「ルドラで日本一釣る男」などの異名をとる。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する実力派アングラー。

 

ドライブスティックFATのテールカットチューンでロクマルをキャッチ!

当日朝6:00より森田 哲広さんガイド艇にて出船。

出船後は、最近好調なエリアを次々とランガンしていきます。

使用リグは、「ドライブスティックFAT」のテールをカットしたバックスライドセッティング。

 

サイズ カラー 数量 本体価格
4.5in 22 7 780円(税抜)

O.S.P公式「ドライブスティックFAT」詳細ページはこちら

 

早速スタートしていきましたが、朝のチャンスタイムでバイトを得ることができず、その後もエリアを点々と移動しながらアプローチを続けていきました。

放水の影響で、最近の琵琶湖は湖流が速く、狙ったポイントに正確にルアーを落としにくいことがあります。

ですので、なるべく流れの影響を受けないように「ドライブスティックFAT」のテールをカットして、水の抵抗を軽減させます。

それに、「ドライブスティックFAT」は高比重なので、より目標物に対して正確に落とすことができると森田プロからオススメしていただいたので使っていました!

実際のリグの写真

 

アクション方法

釣り方はウィードトップ(約3.5m)までフォール→着底後にトゥイッチ→フォール→着底後にトゥイッチ→フォールの繰り返しで誘います。

すると、午前10:30ごろ表層にアユの群れが突如発生するとともに猛烈なバイト!

もの凄いパワーと共に上がってきた魚はまさかのロクマルでした。計測すると61㎝のアフター回復のとてもキレイな魚。

 

人生初のロクマルをキャッチ後もバイトは続き、61㎝筆頭に50㎝、46㎝、45㎝、40㎝の合計5本をキャッチ!!

 

その後、ベイトがいなくなるまでの14:00ぐらいまでバイトは続き、バイト数はキャッチした魚以外で10回ほどあり、とてもエキサイティングなパワーゲームを展開することができました!

是非、皆様も「ドライブスティックFAT」のテールカットしたバックスライドセッティングをお試しください!

 

タックルデーター

ロッド:7ft (Hパワー)

リール:ベイトリール(7:1)

ライン:フロロカーボン16Lb

ルアー:ドライブスティックFAT(ウォーターメロン)※テールカットチューン

フック:♯4/0サイズ(バックスライドセッティング)

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。