ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フッキング性能抜群!バラさないフットボールジグ!ティムコのキャリラバTG

今回紹介するのはティムコより出ている、フットボールジグ「キャリラバTG(タングステン)」です。

キャリラバと聞いて懐かしいと感じるアングラーも多いことかと思います。

キャリラバとはもともとは釣り具ショップのキャリルで売っていたオリジナルのラバージグで、当時はヘッドの形状がすり抜けを重視していた中で、フットボール形状は一大革命を起こしました。

そんな歴史あるキャリラバのタングステンヘッドモデル、「キャリラバTG(タングステン)」の使い方やアクションについてここではお話していきます。

今なおも支持されるキャリラバTGの魅力

出典:ティムコ

フットボール型のジグはいまや様々なメーカーから発売され、一つのラバージグのジャンルを築き上げました。

「キャリラバTG」は今なお多くのアングラーから支持されています。

その理由の一つが、フッキング性能です。

出典:ティムコ

キャリラバTGのフックは外向きフックポイント・ショートシャンクを採用しています。

通常ではバラシを抑えるにはフックポイントを内側にする「ねむりばり」が多く採用されていますが、キャリラバTGはその真逆の外向きです。

ショートシャンクにすることで、バスがバイトしたときに浅いクチビル側ではなく、より深い位置でフックが刺さるように工夫されています。

これによりバスの口の中にフッキングさせやすく、ヘッドシェイクやジャンプによるバラシを極限まで減少させたデザインとなっています。

深い位置でフッキングさせるポイント

前述した通り、キャリラバはフッキング性能に特化したラバージグです。

ここではより深い位置でフッキングできるポイントをご紹介します。

即合わせしないでやや送り込んでフッキング

フットボールジグでのアタリは、「コンコン」と手元に明確な反応があります。

つい即合わせしてしまいますが、我慢して少しだけラインを送り込んでからフッキングしましょう。

フッキングは針を貫通させられるようにしっかりとロッドを立てる

深い位置でフッキングさせるためにも、アワセるときは針が貫通するようにしましょう。

クチビル付近とは違い、肉厚や硬さもあるので、弱い力では貫通せずバラシの要因にもなります。

丁寧な引き寄せ

フッキングしてからはバスの動きをいなすように、丁寧に寄せてきましょう。

力任せに引き寄せるとそれだけバスが暴れてバラシやすくなります。

キャリラバTGのスペック

ブラック

ブラックブルー

ブラックパープル

ウォーターメロンシード

グリーンパンプキン

ダーティスカッパノン

ブルーヌマエビ

グリパンエメラルドFL

カラーは8色展開。

サイズは1/4oz・3/8oz・1/2ozの3種類。

価格はいずれも850円(税別)です。

キャリラバTGのスペックの詳細はこちら

ぜひこれからの釣行で使ってみてはいかがでしょうか?

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。