ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

リベリオン全43機種からシュリンピードに向くのは?

夏のバス釣り特集

REBELLION(リベリオン)

ダイワの最新バスロッドシリーズとして誕生し、価格帯としてはリーズナブルながらハイスペックな性能を詰め込んだ全43機種の一大ライン。

全43機種というと随分細分化されたイメージかと思いますが、1本1本の持つバーサタイル性は高く(もちろん得意とする釣りはありますが)、オカッパリでも強い味方。

リベリオン661ML/LFS

佐々木勝也さんがシュリンピードで用いるのは、661ML/LFS。スピニングのバーサタイルモデルのひとつ。

表記の意味は…

661…6.6フィートの1ピース
ML…ティップがML
/LFS…バットがL、F(ファーストテーパー)のS(スピニング)ロッド

適合ルアーは1.4~9g、1/20~5/16オンス。ちなみにセンターカット2ピースの662ML/LFSもあります。

軽量ルアーのキャステビリティに優れた、フィネスバーサタイルロッド。

シュリンピードを使う際、フッキングパワーを重視するなら全体がMLクラスのロッドが向くかもしれない。

しかし同時に、シュリンピードのように3g前後の軽量ルアーをキャストする場合に、「うまく投げられない」という方もいるだろう。

その点、この機種はティップはMLだがバットはL。しなやかに曲げて飛ばしやすいという特徴をもっています。特にスピニングに慣れていない人にはオススメ。

もちろん、もう少しバットにパワーがほしいなら全体がMLのロッドを使えばよいし、このあたりは皆さんの選択肢といえます。

ブランクスはHVF、ネジレ防止のX45などダイワテクノロジーが数多く配置されていますが、中でも上位機種に組み込まれている「エアセンサーシート」の採用は、感度・操作性・軽さに大きく作用する部分。

実売では2万円を切る機種も多数あるリベリオンの本気度がうかがえる設計となっています。

シュリンピード・基本タックル

ロッド:リベリオン661ML/LFS
リール:タトゥーラLT2500S(SLPタイプαスプール)
ライン:UVFタトゥーラセンサー8ブレイド+Si2 0.6~0.8号
リーダー:ステーズフロロタイプフィネス 7lb

リベリオン詳細ページはコチラ

佐々木 勝也(katsuya Sasaki) プロフィール

岩手県出身で 2018年4月よりの東北・仙台から霞ヶ浦に移住。 霞ヶ浦、霞ヶ浦水系を中心に日本全国の様々なフィールドを激チェック中! オカッパリスタイルでのバス釣り三昧の日々を送っている。

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!